猫も杓子もアメリカ生活

初!U-PICK・・・の巻。

日曜日、朝、なんと今さらですが初めてのU-PICK(果物狩り)に出かけました。
3年間、いつか行こう、いつか行こうと、思いつつ、とうとう帰る間際になってしまいました。

前の日ゴルフに連れて行っていただいた方に、また甘えて、
朝っぱらから連れて行っていただいたのです。2時間ほど。

c0177671_10145349.jpg

何処までも何処までも、ひろーい畑の一画。
c0177671_1015558.jpg


今の季節はちょうどラズベリーが終わり頃で、ブルーベリーがいい具合でした。
これがブルーベリーの木なんだあ。
c0177671_10171665.jpg

どれもたわわに実ってました。
c0177671_1017499.jpg


畑の隅にお兄さんがいて、収穫した分を計ってもらってびっくり。
c0177671_10291396.jpg

グラムでいうと1100g以上あったのに、なんと3ドル(300円)ぐらい。
スーパーだと小さなパックに入って4ドルとかするのに。
しかも、熟れたのを選んでピックするので、めちゃうま。
食べたり、採ったり、食べたり、採ったり
こんな楽しくて、お得なこと、なんではやくトライしなかったのか、今になって悔やまれます。
そう、この辺はU-pick天国なのに。
イチゴ、ラズベリー、ブルーベリー、サクランボ、りんご、くり、もも、その他各種フルーツに
季節の野菜もいろいろだそうです。

家に帰って半分はそのまま食べる分、半分はジャムにしてみました。
c0177671_10294868.jpg

と、いっても今までそんなことしたこと無いので
ネットで調べて、忠実に。

途中経過。
c0177671_1030134.jpg


できあがり。
c0177671_10302227.jpg


ちょっと、ちょっと。
なんか気分は素敵な奥さんですよ。気分は。

この私が・・・、酒のつまみしか作れない私が・・・
とれたてフルーツで、手作りジャムって・・・。
こんな日が私にもあるなんて、想像もできなかったです。
なんという、アメリカ生活のマジックだ。

いままで、いろいろな方が、普通に「ジャム作ったの。」・・・と、言っているのを
私は他人事に聞いていましたが
私にもやってみれば出来るものなのね。あ~びっくり。
甘さを調節できるし、いいではないですか。
またやってみようかなあ・・・みたいな。


そうそう、先ほどお兄さんに計ってもらったところのそばに、ラマがいました。
c0177671_10422513.jpg

お兄さんいわく、これはあったかくて質のいいブランケットとかセーターができるんだって。
すごいわあ。


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
よろしければ上のバナー(海外駐在妻・北米旅行)をワンクリックで1票お願いいたします。
(ブログ村ランキング参加中なのです。)
クリックするとその先に、他の人気ブログがみられます。
[PR]
# by yumi_nyago | 2009-07-20 10:08 | アメリカ生活のいろいろ

日本的(?)なゴルフコース・・・の巻。

昨日行ったゴルフ場、Chehalem Glenn Golf Courseは
ある意味とても日本的なゴルフ場でした
c0177671_7225279.jpg

きれいめな感じ。

あ、誤解を招いたらごめんなさい。
日本的といっても、日本庭園があるということではなく
ましてや、プレイ後に温泉に入れるということでもなく
ハーフの合間に茶店があるわけでもなく
昼にジョッキでビールをのめるわけでもなく
さらにキャディーさんがつくとかそういうわけではありません。
こんだけ違えば、全く違うじゃん。

そう考えると日本のゴルフ場ってすごいですよね。贅沢だ。
あれが、当たり前だったんだから。

「ああ、日本のゴルフ場みたい」・・・だと思ったのが
なんとまあ、谷越えのショートが次々登場しーの、アップダウンのきついこと。

アメリカでは平坦なゴルフ場が多く、多少アップダウンがあっても、まあたいしたことはないので、バッグを担いで回っても大丈夫だったんですね。

今回も、張り切ってカートに乗らずに、歩いて回ったのが
ものすごく後悔しました。
しかも、ホールとホールの間が遠いし。
これはカートなら楽勝だけど、歩きだと暑いし、へとへとで
最後は、しんどい中で如何に集中するかとの闘いでした。

でも自然味いっぱいで、これはこれでよかったですよ。
何しろ、ゴルフ場までの道中も、「あれれ、今日も動物に会えそうな雰囲気・・・」と
郊外の小麦畑やワイナリーのブドウ畑や森の中を通って行ったのです。


最初はこんな感じで楽そうな雰囲気だったんだけど、
c0177671_7274647.jpg

だんだん小さな丘の上り下りや
c0177671_7285457.jpg

谷越えショット。
c0177671_740554.jpg

こう見るとたいしたことなさそうでしょ。
でも、実際はいくつも歩きの上り下りが続くと、あ゛~またか・・・といやになります。
それに、なぜか吸い込まれるように、私は今回6個もボールを森の中へ落としてしまいました。



そうかと思えば、急に建設中の住宅街を通って、ちょっと離れたコースに歩いたり・・・。
これはかなりアメリカ的ですが。

c0177671_7362273.jpg


アメリカのゴルフ場によくある、フェアウエイを豪邸がズラッと取り囲む感じに
これからなろうとしているかんじ。
c0177671_7392161.jpg



まあ、なにしろよく歩きました。
帰りは、その近くのワイナリーに寄ろうかと言っていたのですが
いつも方向感覚のいい方が運転してくれていたにもかかわらず
お疲れのせいか道を間違え、ワイナリーにはたどり着きませんでした。

その代わりといってはナンですが、ゴルフショップに寄りました。

TualatinのI-5沿いのモールにある、よく行くゴルフショップ。
c0177671_7502435.jpg

Golf Smith。
ここのリワードメンバーになってからと言うもの、毎週、SALE!とかHurry!とかの広告メールが送られてきます。
・・・が、そんなにお得ではないんですけど。
クラブを1本買ったら1本おまけ・・・みたいな。
そんなにクラブ買わないし。

男性陣はクラブ売り場で、あーでもないこーでもない言ってましたが、
私はウエアのコーナーをぶらぶら。

おもしろいのがいろいろな練習グッズやいろいろな機器が売られていること。
パターマットとか、素振り用のクラブは当然ですが、
アメリカならではの、大きい庭がないとできなさそうなネットや
c0177671_758621.jpg

ボールディスペンサー。
c0177671_7554465.jpg

c0177671_756596.jpg

とか
スイングの悪いクセを直すものとか、
c0177671_7571438.jpg


あとは細々と、ボールを探しやすい眼鏡とか
距離を測る機械とか、マイカートにつける無線とか、いろいろ。

あとゴルフ関連のインテリアグッズとか。

日本のゴルフショップにもありましたっけ?

あと、ボールが安いのが嬉しいですね。
だいたいは1箱1ダース19ドルぐらい。(2000円ぐらいですか)
中にはBuy1,Get1(1箱買えばもう1箱もらえる)のも。
今日は1ダース×6箱買ってきました。
どんだけ無くすつもりでしょう。

帰る前にもう少し買って帰りたいなあ。
確か日本はもっと高かったですよね。
中にはボール3個で1500円とか
1ダース4500円とかしてませんでしたっけ。

なにしろお金のかかるスポーツだと言うことにかわりはありません。
とんでもないものにはまってしまいました。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
よろしければ上のバナー(海外駐在妻・北米旅行)をワンクリックで1票お願いいたします。
(ブログ村ランキング参加中なのです。)
クリックするとその先に、他の人気ブログがみられます。
[PR]
# by yumi_nyago | 2009-07-19 19:13 | ゴルフ

愉快な仲間達・・・の巻。

タイトルの愉快な仲間達・・・というのは、失礼かもしれませんでした。
でも愉快な方達なので・・・。
いつもお世話になっている、奥さん仲間です。

昨日(17日)のお昼、
その奥さん仲間であり、同じお料理教室グループの皆さんで、持ち寄りのパーティーをしました。
・・・というか、私の送別会のようにしてくださり
「ゆみさんは、主役だからなんにも持ってこなくていいから・・・。」というお言葉に甘えて
すっかりご馳走になってきました。

素敵でした。
本当におもてなしの心を感じました。
みなさん、それぞれお忙しいのに感謝です。

お部屋には私のイメージだそうですが、シャンパンとグラスの形の風船がふわふわしていました。
(お料理教室の先生であり、大好きな奥さん仲間のTさん宅。)
c0177671_2375716.jpg

風船、持って帰っていいよとのことだったので、よろこんでいただいて帰り
今では、殺風景になった我が家を、楽しくしてくれています。
c0177671_2402635.jpg

旦那が帰ってきたとき、びっくりしてましたが、うれしそうでした。

お料理は今回も、どれもこれもおいしかったので、のせちゃいます。
c0177671_2423839.jpg

c0177671_2425134.jpg
c0177671_243521.jpg
c0177671_2432229.jpg
c0177671_2433797.jpg

このデザート・・・おいしくてペロリと食べてしまいましたが、
こういうふうになめらかに作るのって結構細かい手間がかかるのよね。
ほんと、おいしかった。
しかも猫好きの私のために猫模様のカップでエスプレッソ。

こころ、わしづかみです。

実は、ほとんど同じメンバーで数日前にも、送別会をやっていただいたのです。
その時はまた違うお宅で。
なんどもなんども、すみません。ありがとうございます。

私は交友関係が決して広くはなく、好きな方たちとばかりお会いするので
その方々には、本当に何から何までお世話になりっぱなしで
甘えっぱなしです。
どうしましょう。

この間は、我が家のみりんが足りなくなり、今さら買うのもなんだなあ・・・と言っていたら
次の日玄関の前に置いてくださってました。
っていうか、おねだりしてしまったようです。あはっ。
この3年、そんなんばかりでした。
そのみりんを置いていってくださった近所のHaruさんのお宅で、今までどれほどたくさん夕食をいただいたことか・・・。


いつか何か、ご恩返しをできればいいのですが・・・。
気長におつきあいいただきたいです。すみません。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
よろしければ上のバナー(海外駐在妻・北米旅行)をワンクリックで1票お願いいたします。
(ブログ村ランキング参加中なのです。)
クリックするとその先に、他の人気ブログがみられます。
[PR]
# by yumi_nyago | 2009-07-18 02:21 | アメリカ生活のいろいろ

帰国大作戦その2、捨てるか持って行くか悩む・・・の巻。

日本に帰ると社宅は狭いし、ゴミの処分は大変だし
だから、思い切って不要品を処分するならいまだ!・・・とは、すごく思うのですよ。

何でもかんでも電気製品でも家具でも生ごみでもプラスチックでも、
同じゴミ置き場にガサガサっと捨てられるのは、今、このアパートに住んでいるときだけの特権ですし。
環境問題のことを考えると心痛みますが・・・。
残念ながらここはそういう社会。
そういう風にしか捨てられないんだからしょうがない。
(もちろん空き瓶、空き缶、古新聞等はリサイクルコーナーに置きます)

んで、第1便を詰めながら、思い切ってしばらく着ていない服や、年齢体型的にもう着られない服をずいぶん捨てました。
ちなみに私は、ものを捨てられない人。
捨てられないから買うときによく考えて買うし、それぞれ気に入ったものなので
しかもアメリカで買ったものは、もう買えないと思うと、これまた捨てられない。

今迷っているのが、一部の本や雑誌。
同じように、何かの役に立つかなと思ってとっておいた、フリーペーパー類(オレゴンの方は知っているYouMagaとか)や、旅先でもらってきたガイド類。
それこそ真っ先に捨てるべきだと思うのですが、思い出にもなるから捨てられない・・・
と、典型的な捨てられない病。
自分でも呆れるのが、取っ手が壊れた鍋。
今こそ更新の時だから、最後に捨てて帰ろう・・・と1便にのせずにとっておいたんですけど
これも長いつきあいだから、名残惜しいなあ、置いていくのかわいそうだなあ・・・と思ってしまうのです。

あと、まあ、普通に悩んでいるのが
こちらで買ったヒーター類やちょっとした家具類、ルームライト・・・
これらもネットオークションに出すかどなたかに譲っていこうと思っているのですが
見ていると、日本でも使えるかも・・・と家のインテリアや使い勝手をを想像しながら
また未練が沸くのです。
でも、コンセントが違うからなあ・・・。
あと、もう行き先を決めてしまったバーベキューコンロにも実は少し未練があります。
これが安かった割には優れもので、蓋があるので蒸し焼きもできるし。
折りたためるし、一応日本に持って帰ることを前提で小さめのを買ったんだけど、
それでも、かさばるから・・・日本で置くところに困るのよね。


あああ、だめだめ、きりがない。

日本からこちらに来るときもいろいろなものを処分したり
人にさしあげたりしましたが、結局帰ったら同じものを買わなくてはいけないと・・・
そう考えると、よけい捨てられない病がでてくるのよ。

そう考えると車もよね。
金食い虫だけど気に入っているJEEPも連れて帰りたくなる。
ヤツとはたくさん一緒に旅をしたからなあ。
あ、でもこれこそ早く処分を考えなくちゃ。

こちらに来るとき、気に入っていた車も二束三文で中古車屋に売ったのが
今はとても悔やまれる。
どうせなら旦那の実家にお願いして置いておいてもらえばよかった。
そしたら、お盆で帰ったついでに、他の預かってもらってたものも一緒に連れて帰ってくることが出来るし、新たに車を急いで買わなくてもいいし・・・。
あれはちょっと判断を誤ったなあ。

これから2便の準備で、ずっとこういう悩みと闘うようです。
ネットオークションというのも、面倒だし、
無理矢理いろんな方にもらっていただくというのも、皆さんもそのうち帰る人だから、その方々も同じような悩みが出ると思うのよね。
そんなことを考えると、あ~めんどくさい。

いっそのこと全部持って帰るか・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
よろしければ上のバナー(海外駐在妻・北米旅行)をワンクリックで1票お願いいたします。
(ブログ村ランキング参加中なのです。)
クリックするとその先に、他の人気ブログがみられます。
[PR]
# by yumi_nyago | 2009-07-17 09:08 | 帰国大作戦

帰国大作戦、その1・・・の巻。

急遽、8月には帰国と聞いて、え~!と文句言いつつも
さて、何からするべきか・・・と考えると、考えるべきこと、チェックすることがたくさんあるので
ノート1冊、引っ越し大作戦専用ノートを作りました。
っで、インディックスシールを貼り、項目ごとに整理する・・・と。

項目は
・各種手続き一覧
・スケジュール・・・・・(今から引っ越して落ち着くまでの)
・第1船便にのせるもの
・第2船便にのせるもの
・航空便で送るもの
・手荷物で持って帰るもの
・すてるもの、誰かにさし上げるものなど
・掃除チェック表
・調べておくこと・・・(帰国後買う車や家電について、日本に着いてから泊まるホテルなど)
・社宅の間取り図・・・・・・・・・・・・(これを見ておくと、持って帰るものを選別しやすい)
・帰国後の手続きおよび手配すること一覧

など。

で、最初に、やらなければ行けないことを、ざっくりリストアップした。
・アパートの管理人に言う。手続きの開始
・帰国後の社宅の確定
・出国日の決定(航空券の手配)
・引っ越しやさんに連絡
・日本の荷物を入れているトランクルームについて連絡
・電気・ガス・水道・電話・Dish・新聞・年間購読の雑誌などの解約
・郵便物の転送の手続き
・保険・銀行・税金・各種カード等の解約手続きや住所変更
・今乗っている車の処分
・ホテルの予約(アメリカ・日本)
・挨拶状
・領事館へ在留届け・在外選挙届けの抹消
・植物の行き先配分
・掃除
・日本で車をすぐ買えるように、車種などについて調べておく
・エアコンや冷蔵庫など買わなければならない電気製品について今時の機能など調べる


などなど、大まかにはそんなとこかな。

まずは、いつ出国するかを決める。
お盆が重なるので、なにかと混むし、不都合が多くなると思うので、荷物が着くのが遅れるとかを考慮に入れる。

でも、あとから多少後から変更もきくので、まずはアパートの管理人に通知するのと
引っ越し屋さんに見積もりに来てもらうことから始めた。

何処の引っ越し屋さんにお願いするか・・・
日本からアメリカに来たときはKusuhara Transportation Japan International Moversというところにお願いして、すごくよかったです。
担当の女性の方がテキパキと丁寧に話を進め、梱包も全部、丁寧に手際よくやってくださり、帰る時もぜひお願いしようと思っていたのですが・・・。
もう、あの担当の方がいらっしゃらないのと、アメリカサイドの支店が荷物を運んでくれたとき、感じがちょっと残念だったので、もういいか・・・と。

で、頭に浮かんだのが
こちらに来てからずっとコマーシャルでやってるやつ
「楽しかったアメリカの思い出を大切に詰めて・・・日本に・・・帰ります。」
(あれ?ちょっとちがったっけ?)
とか、
「ええ?!帰任?え?2週間後?ちょっと待ってくださいよお」と、ビジネスマンが電話片手に怒ってるコマーシャル。
どっちのコマーシャルだったか忘れたけれど「日通にお任せください」と
「クロネコヤマトの引っ越しらくらくパック」が、アメリカに来たときからサブリミナル効果のようにすり込まれてきたような。
すみません、テレビジャパンを見ている人しかわからないですね。

で、日通さんにお願いしました。
私たちの前に帰った方も、よかったとおっしゃっていたので。


で、先週の水曜日に見積もりに来ていただいたとき
これからの流れと注意点、必用な書類についてなど、一通り説明いただき
一通り家の中を見ていただきました。
で、これは第一船便、これは第2で・・・これは航空便で・・・とお伝えし、
梱包する材料を段ボール大中小、割れ物を包む薄紙、テープなどを置いていってくれました。
c0177671_81779.jpg

私は自分が荷物の量を描きやすくするために、見積もりに来られる前に
あらかじめ便ごとに荷物をできるだけ同じところにまとめておきました。
なので、見積もりの時の簡単にすみましたよ。
これは、われながらグッジョブだった。

あ、こんな引っ越しガイドをいただきました。
c0177671_8123712.jpg

ここに詳しい事が書いてあるので、よくわかりました。
各種書類
c0177671_815778.jpg


引っ越しそのものの流れは
見積もり→仕分け→梱包→引き渡し→輸送→通関→自宅への配送→確認

これが、船便が1ヶ月以上かかるので、まずは早く送らなきゃと今週の月曜日に出しました。
で、最後にアパートを引き払うときに、第2弾の船便と航空便を出し、会社の資産の家具も運び出してもらう・・・と。

で、第1便の荷物を詰めるときに、よーく考えたことは
キッチン用具や衣類、生活用品など、こちらで最後まで使うものは、日本でもすぐ使いたい・・・。
けれどそうはいかない・・・ので、1便と2便にうまく振り分けねばならぬのです。
航空便で送ればうまくいく事もありますが、輸送の日程と税関の日程、さらに私たちの場合お盆がはさまるので、どうしても自分たちの到着より、航空便でも1~2週間は遅れるようなのです。

今回自分なりの判断基準は
〈第1便〉
  これから1ヶ月間、使わないもので、絶対持って帰りたいもの
    (冬物など今着ないの服とか、不要不急のもの、インテリアの装飾品等)
  よく使うもの、すぐ使うもの
    ・キッチン用品(包丁やおたま、鍋類、食器など少しずつ一通り残して全部)
    ・タオル類、トイレットペーパー、生活用品なども同じようにすこしずつ残して
                                            あと全部
〈第2便〉
   最後まで使うもので、日本ですぐ使わなくていいもの。(食器、調理器具等)
   アメリカにいる間に使う遊び道具(キャンプ道具など)
   ワイン
   オーディオ機器やプリンター、シュレッダー、ヒーターなどの電気製品
           (この一部はもしかしたら人に譲るので一応最後までとっておく)
   
〈航空便〉
   最後まで使って、なるべくはやくほしいもの。
   ゴルフ道具、使い切れなかった乾物などの食材、タオル類や掃除用具の残り
   掛け時計、工具類、など。
      
梱包は、もちろんお願いすれば全部詰めていただくこともできるそうですが
さわられたくないものもありますし、私はほとんど自分で考えながら詰めて、リストも作りました。
(リストは破損したときの保険のため。)
食器とか花瓶とかお気に入りのものもあるので、しっかり薄紙でくるんで、なにかふかふかなものでプロテクトして壊れないように細心の注意を。
箱の全面にFRAGILEと書き、すっかりスペルを覚えました。

あと、本が小さい箱でも、びっしり詰めると恐ろしく重くなるので、半分ぐらい詰めてあとは毛布とかぬいぐるみとか、軽くてふかふかなものを一緒に詰めました。
だって・・・次の住まいは社宅のエレベーターなしの4階なんですもの。
運ぶ人が大変!

梱包で引っ越し屋さんにお願いしたのは家具を分解して梱包するのと、布団など大きいもの。

今回第一船便は家具も入れて73個口になりました。
これで、我が家の家財の2/3ぐらいかな。
多いのか、少ないのか・・・。
第1、第2合わせてどのぐらいの量という基準がそれぞれの家庭の人数によって決まっているそうですが、担当の方は、大丈夫でしょうとおっしゃっていたので、少ない方なのでは。

あ、そうそう、日本に持って帰れないもの、
常識的に当たり前のところ(銃・ドラッグ・ダイナマイト・偽札等)・・・ってか、もってないし。
あと特定の動物・・・これももってない。
それと単身赴任の男性に多いのがわいせつ物やポルノ系だって。
そんなもので引っかかって、税関から家や会社に電話が来るんですってよ。大変だね。
そんなの勘弁してほしいわ。

残念なのが米。持って帰れないのよ。
なにせ、ついこの間10kgの袋を開けたところですが、きっと食べきれない。
それと、せっかく種からかわいがって育てた植物たち。
短いつきあいでした。
ラベンダーちゃん・・・ポプリにして持って帰ればいいか!・・と思いましたが
これも検疫に引っかかって、場合によっては没収(虫がいるとか)、または荷物が留め置かれるなど
だから、できれば持って帰らない方がいい。
同様にドライフラワーや松ぼっくり、くるみ、麦わらも。
うっかりしそうなのが、クリスマスツリーやリースに着いている松ぼっくり。
はずした方がいいって言ってた。
まあ見つからなければ大丈夫なんだろうけど、たまたま発見されて面倒なことになるのもいやだし。

そういうわけで、いまはとりあえず荷物を出したところなので
最終の時までに、少しずつ残ったものを詰めたり、捨てたり
あと掃除したり・・・。
最後のアメリカの夏も楽しまなきゃだし。
そう、帰るまでに、ゴルフ、キャンプ、ワシントンDCへの旅行・・・とその計画もしなきゃだし
最後にいっぱいいろんなレストランも行っておかなきゃだし、
最後のあがきで、英語の詰め込みにESLも行かなきゃだし。
帰国後のために調べなきゃならないこともあるし。
恐ろしく充実した1ヶ月を過ごせそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
よろしければ上のバナー(海外駐在妻・北米旅行)をワンクリックで1票お願いいたします。
(ブログ村ランキング参加中なのです。)
クリックするとその先に、他の人気ブログがみられます。
[PR]
# by yumi_nyago | 2009-07-16 15:08 | 帰国大作戦

黄レンジャー友達と・・・の巻。

もうすぐ帰るとなると、急にこちらでしか食べられないいろいろなものが名残惜しくなってくる。
勝手なものです。

いつも、あ~日本の居酒屋行きたい!・・とか
あ~おいしいラーメン食べたい、カツ丼食べたい、おでん食べたい、
日本人が作ってる本物のお寿司食べたい・・・などとさんざん言ってきましたが、
考えてみると、それなりに自分で作ったり、レストラン探して食べたり
結構普通に日本食生活してきたんですよ。
むしろ、レトルト的な材料がないぶん、日本で作るより自分で1から手間かけて作ることが多くなったので、健康的かもしれない。
ちなみに我が家の晩ご飯は、毎日の晩酌のために
居酒屋のようなメニューしか出ませんし。(あ、ぜんぜん健康的じゃないや。)

で、日本でこれから暮らすある村では、きっと食べられないであろう、タイ料理、インド料理、
ベトナム料理、安くてうまい中華料理、マックじゃない具だくさんでおいしいハンバーガー、
ユーピック(自分で摘む)のおいしいブルーベリーやラズベリー、サクランボなどの熟れ熟れフルーツ、本物フルーツでガーっとつくるスムージーやシェイク、
種類が30種類以上ある生牡蠣、粒の大きいアサリ(はまぐり?)、ぷりぷりロブスター・・・
地元のたくさんの種類のおいしいビール、そしてワイン・・・などなど
言い出したら止まらないほど、ここにはおいしいものもたくさんある。
(もちろんアメリカですから、ときどきなんじゃこりゃあ・・・という恐ろしくまずいものに出会うこともあります)

さらにすばらしいご近所に恵まれたおかげで、
おいしい手作り料理のホームパーティーも毎週のように繰り広げられ
なんて幸せな生活をしてきたんだろう・・・と
急に名残惜しくなるのでした。

そんなとき、急にインドのカレーが食べたくなり、親友Hに電話し
昨日はカレービュッフェを死ぬほど食べてきました。

親友H は私と同じくカレーが好きで、かつて黄レンジャーと言われたそうだ。
私は日本のカレーも大好きで1週間食べ続けてもOKなんだけど(黄レンジャーHもそうらしい)
ご飯も食べてしまうので必ず太るし、なるべく控えていたのです。

でもインドのスパイスで作るカレーはヘルシーだし、ご飯じゃなくてナンで食べれば食べ過ぎなさそうだ。
・・・が、いっぱい食べた。
だって種類がいっぱいあるんだもの。

昨日行ったのはここ。あ、なんて言う名前だっけ。SWAGAT?
c0177671_911722.jpg

内装もちょっと素敵。
c0177671_9124993.jpg

お店の女性はインドの民族衣装をきていました。

カレー。
c0177671_9141639.jpg


チキンもおいしかった。
c0177671_9143162.jpg


もちろんカレーは全種類食べました。満腹。
ビュッフェのランチで一人確か$7.5ぐらい。
満足。

で、夜は夜で、ご近所のお宅に夕食に招いていただいて、おじゃましたとき
そんなカレーの話をしたら、もっとおいしいお店があると教えてもらった。
これは、いかねばです。

帰る前に少しは痩せておかないと、
普通の日本人女性より一回りも二回りも大きいので、まずいとは思うのですが、
今しか楽しめないことも楽しみたいという、欲張りな私でした。

痩せなきゃ痩せなきゃ・・・と話しながら
昼のカレー屋さんのあと、話したりなくてカフェに行き、甘ーいココアを飲んでしまった。
c0177671_922236.jpg

これがまた、うまいのだよ。
チョコレート専門店のココアだからね。

このぶんだと帰る頃には、さらに巨大になっているかも・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
よろしければ上のバナー(海外駐在妻・北米旅行)をワンクリックで1票お願いいたします。
(ブログ村ランキング参加中なのです。)
クリックするとその先に、他の人気ブログがみられます。
[PR]
# by yumi_nyago | 2009-07-15 08:27 | アメリカ生活のいろいろ

まずい!・・・の巻。

突然ですが、実は私・・・
すっごく急な展開なんですけど、
日本に帰国することになりました。
はい、一時帰国ではなくて、旦那の帰任です。

まったく、乱世ですね。

まあ、もともと2年といわれて来ていたのが、もうすぐ3年ですから
そりゃそうなんですけど
つい最近まで、帰国の気配はあんまりなく、
まあ、今年の年末か、来年あけてすぐとかかなあ・・・
まあ、できれば10月頃に帰れれば、こちらは雨期が始まり
日本は秋晴れのいい季節だし、最高じゃん・・・と
勝手な妄想をしていたんですが・・・。

ついこの間、独立記念日の連休の前に帰国が言い渡され
はっきり「8月お盆前には・・・」と聞いたのが先週のこと。
急でしょ!1ヶ月しかないのよ。

あんまり急な事なので、寂しいと感じるよりも
や・やばい引っ越しの準備だ!と、早速走り出し、
実は今日午前中に第1回目の船便の荷物を送り出しました。

忙しかったよお。
7月5日に旅行から帰ってきて、6日に「8月15日付けね。」と言われ
8日水曜日に引っ越し屋さんが見積もりに来てくださり
8.9.10日は今送るものと最後に送るものにわけ、荷物を詰め、
11日は前から決まっていたゴルフに行き、夜は送別会のような飲み会、
12日、旦那と二人で荷物詰め
で、今日13日午前中、我が家の主要な荷物の半分以上、三分の二ほど引っ越し屋さんに持って行っていただきました。
いやあ、久しぶりにガッツリ労働した感じです。

本当は引っ越し屋さんが全部詰めてくれるのですが、
なにしろ船便到着まで1ヶ月以上かかるので、今送るべきもの、家を引き払うときに出すもの、航空便で送るもの、手荷物で持って帰るもの・・・の4種類の振り分けるのに
落ち着いてじっくり考えながら詰めたかったので、
結局ほとんど自分で段ボール詰めしました。
ちゃんとリストを作っておけば、自分で詰めて封をしていいと言うことだったので。
こういう作業、好きだからいいんですけど、結構疲れますね。

そういうわけで、この際、これから日本に帰任される奥様方の何かヒントになればと
これから、ちょくちょく『帰国大作戦』というテーマで、ブログを書いていこうと思います。

今日は予告編ということで。

まあ、なにしろヤバイです。
明日から学校だし。
っていうか、あと5回ぐらいしかいけないのだ。
まずいまずい!
とうとう3年もいて、英語が自由にならなかった。
おかしいなあ、私が知っている人で3年もアメリカにいたような人は
みんなネイティブなみの発音で英語を操っているのに
相変わらずカタカナで、え~とえ~と、と汗だくになりながらの会話から
とうとう抜け出すことができなかったのだ・・・。
2年半も学校に行っておきながら・・・。

いまさら遅いのだ。

せっかくおいしいお店とかわかってきて、
おもしろいこととか、やりたいこととかできて、さあ、これからだ!と思ってたのになあ。

帰りたいけど残念。
微妙な心境の今日この頃です。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
よろしければ上のバナー(海外駐在妻・北米旅行)をワンクリックで1票お願いいたします。
(ブログ村ランキング参加中なのです。)
クリックするとその先に、他の人気ブログがみられます。
[PR]
# by yumi_nyago | 2009-07-13 14:11 | 帰国大作戦

デジタル放送の悲劇・・・の巻。

前はずいぶんテレビをよく見ていた私ですが、
最近なんだかんだと忙しくて、あまり見ていません。

で、忙しくても日本から持ってきたハードディスクレコーダーのおかげで
長期旅行に行っても、予約しておけば70時間以上録画できるので
とっても助かっていました。
時間を有効活用できます。

でも、ちょっとこれ、もはや型がずいぶん古いのね。
で、最近(6月25日から)この地域もテレビがデジタル信号に変わったようで
ウチのハードディスクレコーダーちゃん、その信号をシカトするのよ。
音だけは聞こえるんだけど、画面が真っ黒。なんにも映らない。
もちろん録画も音声のみ。画面は真っ黒。
ついにあなたは、ラジオになってしまったのですね。

使えなくなってわかるありがたさ。

もちろんレコーダーを通さなければ普通にテレビを見られるのでいいのですが。
録画ができなくて・・・

だから、お恥ずかしいですが、どうしても見たい番組にしぼってはいますが、
その時間に合わせて行動するようになってしまったのです。
そう、前よりも、テレビに左右されてしまっている・・・。

で、今、まさに今・・・深夜2時からのテレビを見るべく、必死に起きてます。
じっとしてると寝てしまうので、こうしてブログに向かってます。

今日夕方7時からもやってたんですけどね。
用事で出かけて、見られなかったんです。
なので再放送の深夜2時からのを見ようと・・・。

旦那は、「そんなに見たかったんだ・・・。」 と、不思議そうでしたが。

え?何を見たかったって?
NHKスペシャルの『法隆寺再建の謎』
まあ、興味のない人は興味がないですよね。
私は今年の2月に一時帰国して、京都と奈良の世界遺産巡りを一人で行ってきたんです。
その時、やはり、日本の文化のすばらしさを痛感し、特に法隆寺では
1500年前の建物がいまこうして変わらず残っていることに、えもいわれぬ感動を覚えたのです。
だって、この自然災害が多い国でですよ、台風にも地震にも負けず
幾多の戦争でも焼かれず、木材本来の劣化にも負けず、聖徳太子の頃のたたずまいを残し
長い年月、人々を、歴史を見つめてきたわけですよ。
その法隆寺の修復を去年行ったときに、新たにわかった事実・・・
知りたいじゃないですか。
歴史好きなんですから。
私は、今月のテレビジャパンのプログラムが送られてきたときから、
これは絶対録画だな・・・と思っていたのに、これですわ。
ですから、しっかり見ようとこうして必死に起きているのです。

すみません、ですから今日の内容はこんなどうでもいいことだらだらになってしまいました。

よし、あと2時間だ。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
よろしければ上のバナー(海外駐在妻・北米旅行)をワンクリックで1票お願いいたします。
(ブログ村ランキング参加中なのです。)
クリックするとその先に、他の人気ブログがみられます。
[PR]
# by yumi_nyago | 2009-07-13 00:20 | アメリカ生活のいろいろ

滝・滝・滝・・・の巻。

すみません、更に引っ張りますが、またヨセミテ。
今まで、トレイルの事を書きましたが、ヨセミテのシンボルとも言えるヨセミテ滝の事を書くのを忘れてました。

これ。
c0177671_15334052.jpg

3段に分かれていて、上がアッパー滝(落差436m)、真ん中がカスケード(206m)、下の段がロウアー滝(97m)で、合計すると落差740m、世界第8位の滝ですって。
遠くまで轟音が響き渡ります。

ビレッジのいろいろなところから見えるので、帰る日の朝、無理して近くまで行かなくてもいいかな・・・とも思いましたが、せっかくですし、たいした距離ではないので行ってみました。
さすがにアッパー滝は時間的に無理なので、ロウアー滝だけ。
バス停から歩いて10分ぐらい行くと滝壺につきます。
川にかかった橋から眺めるべきなのでしょうが、
大勢の人が、大きな岩の上を伝って滝壺のすぐ近く、しぶきがかかるほどのところへ行っていたので、せっかくなので私も行ってみた。
c0177671_15421164.jpg

こんな岩の上をピョンピョン伝って、・・・じゃなくて、へっぴり腰で、よっこらしょっと上り下りして・・・
こんなところへ。
c0177671_15442348.jpg

さすがに怖いのですぐ近くまでは行きませんでしたが、
轟音が近いので迫力ありましたよ。
ロウアー滝だけだと、華厳の滝ぐらいでしょうか。


そしてもう一か所有名な滝。
ブライダルベール滝。
c0177671_15515793.jpg

本当に花嫁さんのベールのように、風でふわっと形を変えるのよね。
c0177671_15524580.jpg
c0177671_15525567.jpg

この滝は落差189m。
水がゴー!っと落ちると言うよりは、細かい霧のような流れがゆっくりさら~っと吹いている感じで、大きい滝なのに他の滝とは違う優雅さがありました。

そんな風にまた時間ぎりぎりまでヨセミテで過ごし、
夕方の飛行機に間に合うように、レンタカーをすっ飛ばしてサンフランシスコに向かいました。
ずっとすっ飛ばせれば余裕だったんですけど
途中何度も渋滞があり、来るときよりも2時間以上多くかかりました。
私たちと同じように飛行機、レンタカーと乗り継ぐ方は注意です。
帰りは時間がかかります。
飛行機に間に合わなかったら困るので、ずいぶん私たちは冷や冷やしました。
サンフランシスコに向かう郊外の道は、なんにもない荒野の中の道で片側だけでも4車線なのに、すんごい渋滞。
事故でもあったんだろうかと思いましたが、普通に交通集中による渋滞でした。
さすが都会の郊外だ。
オレゴンではここまでの渋滞はないよ。

あ、そういえばすごいたくさん風力発電しているの見ました。
ズームした感じ。まあこれぐらいならわかる。
c0177671_1644986.jpg


ふと見ると、こんなとか、
c0177671_1652844.jpg

こんなとか。
c0177671_1655025.jpg

まるで草でも生えているように風車がある。

オレゴンやワシントン州の郊外でも、最近とんどん増えているように思うけど
さすがカリフォルニア、ずーっと向こうの山まで、びっしり生えてる。
すばらしい。
これだけ広いんだもの。
どうせ使ってない土地なんだもの。
太陽はさんさん、風はびゅびゅーなんだから
風力発電も、太陽光発電もジャンジャンやるべきよね。

まあ、あとこの車の量がもすこし減るか、エコカーが増えるとずいぶん地球に優しいだろうな。

そうそう、カリフォルニア州といえば、財政が危機的状態で、今月末には破綻寸前らしくて、公務員が休みを取らなくてはいけないみたいですね。
大変だ。
休みを取れるのはいいけど、市民はいろいろな手続きが止まってしまって困りますよね。
いろんなところに経済危機の余波があるんですね。
ターミネーター知事、頑張ってこの危機を乗り切ってほしいですね。

おっと、話がヨセミテから外れてしまった。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
よろしければ上のバナー(海外駐在妻・北米旅行)をワンクリックで1票お願いいたします。
(ブログ村ランキング参加中なのです。)
クリックするとその先に、他の人気ブログがみられます。
[PR]
# by yumi_nyago | 2009-07-11 15:30 | カリフォルニア旅行

しし神様ですか?・・・の巻。

ヨセミテの話をもう少し。

旅行3日目、帰る日の朝、ミラーレイクまで歩いた。
ヨセミテバレーの東の奥にたたずむ小さな湖。
シャトルバス17番で降りて、歩いて20分ちょっと。
平坦な整備された道を、渓流沿いに歩く。

・・・でも、私たちは午前中にミラーレイク、ヨセミテ滝、ブライダルベール滝・・・と
まだ見なければならないところが残っているので
歩くと言うより、競歩か小走りに近い速度で行った。


ミラーレイクは夏には枯れるらしく、私たちが行ったときもすでにほとんどが干潟のようになっていました。
かろうじて湖らしいところを撮ってみた。
c0177671_5543984.jpg


「せっかく来たけど、これだけなんだね・・・もう行こうか・・・」と言っているところへ
湖の向こう岸に・・・おっ!シカだ。
c0177671_612699.jpg


あわててズームして、シャッター切りまくり。

すると、シカ君、ふっとこっちを見て
c0177671_642942.jpg


あ、なんかこっちに向かって歩いてくるっ!
c0177671_65441.jpg


途中で向きをかえ、湖を渡って歩いている様は、まさに『もののけ姫』に出てくる、『しし神様』のたたずまい。
c0177671_67024.jpg


私たちを全く警戒する様子もなく、平気ですぐ目の前を横切り
木の葉をむしゃむしゃ・・・。
c0177671_6124274.jpg


「なんすか?」
c0177671_612492.jpg


「だから、なんか用っすか?」
c0177671_6145164.jpg

あ、ごめんごめん、邪魔する気はないのよ。写真だけ撮らせてね。

c0177671_6163994.jpg

シカ君、グッジョブ!いいところでポーズしてくれたね。


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
よろしければ上のバナー(海外駐在妻・北米旅行)をワンクリックで1票お願いいたします。
(ブログ村ランキング参加中なのです。)
クリックするとその先に、他の人気ブログがみられます。
[PR]
# by yumi_nyago | 2009-07-10 05:36 | カリフォルニア旅行



アメリカ駐在会社員の妻が日々格闘する、はちゃめちゃライフ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
ブログパーツ
同盟バナーご協力を白長同盟バナー猫中動
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧