猫も杓子もアメリカ生活

<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

いまさら帰国後の健康診断…の巻。

帰国後、本当はすぐに健康診断を受けなくてはいけなくて、
旦那は早い時期に行ってました。
が、私はどういうわけか今日だったのです。

最初は帰国後1ヶ月半あるから、ラッキー!・・・と、
健康診断の日までしっかり食事に気をつけて
毎日ジョギングして、ひねり運動で少しは胴回りも細くなるように・・・と
ほんと、思っていたんですよ。

・・・・・・・・・が、

ジョギングは4回ぐらい。
食事は誘惑にまけまくり、
そんな私が運動もするはずなく、
あっという間に、今日という日を迎えてしまいました。

しかも
土曜日は久々のゴルフ仲間と飲み会、
日曜日は荷物整理でへとへと+うちで調理できる状況ではないので外食。
んで、今日。

こちらに帰国してから、体重計も無いし
おいしいものがそこらじゅうにあるし、
間違いなく人生で今が一番肥っていると実感できる今日この頃。

期間があったにもかかわらず準備できてなかった自分に、ほとほと嫌気がさすのと、
きっと細くて若い看護婦さんが私のぽっちゃり胴回りを測るシーンを想像すると
あ"~!と、思わず頭をかかえてしまう。
しかもきっと、最後の内診では、お医者さんがいろんな数値を見ながら
わかりきった指摘と、たいした内容ではない指導をしてくるに違いないと思っただけで
心の中で逆切れしてしまう今朝の私でした。


この恐ろしくクリアな想像でさらに憂鬱で、
こんなストレスいっぱいだもの、余計血糖値が上がるではないか!
今朝はそんな、最高に憂鬱な私でした。


案の定、ほっそいお姉さんが私のぽっちゃりウエストを測り、体重をはかり、
その数値を声に出して言いやがった。
「洋服の分1キロ引いときますね。」だって。
もっと引きやがれってンだ。・・・と心の中で再び逆切れ。
身長はすこーしだけ、わからないように踵を浮かしてみた。
身長が少し違えば、BMIの数値もちょっと変わるかな・・・という、無駄な抵抗。

心電図もやだやだ。
胸とおなかをさらしながら、上向きに寝ていなければならない。
あ~いやだ。

最後にお医者さんの問診と結果のお話。
待合室で待っている最中、ふたたび想像力が働く。
「太りすぎですね」っていうに違いない。
そしたら
「ええ、何食べてもおいしいものですから。」・・・と開き直ってやろう。
とか、
いや、最初からこちらから、「太りすぎですね?」・・・と先手をうってやろう
とか
お医者さんは何にも悪くないのに、かってに戦闘態勢にならずにいられませんでした。

で、そんなこんなして、とうとう呼ばれました。

これが意外にも、コレステロールもガンマGDPもすべて異状なしで
ただちょっと血糖値が高いですね・・・と。
お医者さんが、「これはちょっとしたことで、変わりますから・・・。」と
サラっと流し、
決して「太りすぎ」だの、「メタボリックですね」だの
「運動したほうがいいですね」だの、想像してた直接的な表現はなく
やんわりと、さらっと終わりました。

戦闘態勢だった私も、いろんな数値がすごくよかったのと
お医者さんがきつくなかったおかげで、切れるどころか
結局とてもいい気分で帰ってきました。

そうよ私は、デブだけど、健康的なただのデブよ!と
るんるん病院を後にしました。

数日前から、飲み会でも少し控えたり、外食でも気をつけたり
せっかくアメリカからおいしいビールが届いてもそれを飲まず、
ずっと気分は我慢だったので
その反動というか、
帰り道、禁断のラーメン屋さんでごくうましょうゆラーメンと、ギョーザ、
さらにスーパーのお惣菜のコロッケと、数日前にお土産でいただいたチョコレートを
一気に食べてしまった。
何に対してというわけではありませんが「ざまみろー!」と、心の中で呟きながら。
だって私はいたって健康なデブだもの。
今日ぐらいいいじゃないか!・・・と。

今日だけで済めばいいんですけどね。

おっと、そういえばアメリカから届いたおいしいビールが冷えてるんだ。
これは再び禁断のジューシー唐揚げとビールだな。
きゃー!どきどきしちゃう。
[PR]
by yumi_nyago | 2009-09-28 17:12 | 主婦の毎日

第2船便来たる…の巻。

前に来た荷物、トランクルーム100何箱、航空便数箱、第一船便73個
これが、ある程度片付き、
それなりに不自由なく、この社宅の狭さにも慣れてきたところでした。

そこへ、1ヶ月半まえに送った第2船便64個口が再び、届きました。
箱を次々開けると
お~来たか!・・・とか
やっと届いた!…と思うものもあれば
げっ!何でこんなもの捨てずに持ってきたのか・・・と思うものもあり
このへんの感じは前回も同じようなことを書きました。

・・・が、今度はさらに”げっ”感が増したように思います。

でもタオル類とか衣類とか、箱を開けると、ふっと
アメリカの家の香りがして、なんとも懐かしい気分にもなります。

とはいえ、すでにいっぱい、いっぱいな家の中、
しまうところがありません。
ほんとに。

やっぱり、いろんなものを思い切ってアメリカで捨ててくればよかった・・・。

でも、わかんないもんなあ。
向こうで捨てようと思ったものが、意外とこちらで便利に使えるものもあるし
使おうと思ったものが、すんごく邪魔だったり。

駐在のみなさん、もし帰国まで時間があるのでしたら、
よーく考えたほうがいいですよ。
私も間取り図を見て、よく考えたつもりだったんですけど。
それでも、想像とは食い違う部分がありました。
仕方ないのかなあ。

それにしても、ふたたびごみ屋敷の我が家。
さくさく片付けたいんですけど、あまりにも憂鬱で
心が逃げたいのか、すぐおなかすくし、お茶とおやつしたくなるし、
用事もないのにPCに向かったり、
面白い番組があるわけではないのにテレビつけたりで片付きません。

だめだめな私です。
[PR]
by yumi_nyago | 2009-09-27 16:54 | 帰国大作戦

忘れるのは早いなあ…の巻。

これまで、何年英語を勉強してきたんだろう。
長いこと、(恥ずかしくて何年とは言えませんが)今は無き、某駅前留学で学び、
結婚してからは、英語を身につけようと英語を使う仕事に就き
んで、旦那の転勤先のアメリカでも2年半ESLに通い・・・。
ふつう、これだけやってれば相当自身持って話せるはずなんだけど、
これがそうはいかないんだな・・・。
怪しいったらありゃしない。

でも、アメリカ生活のおかげで、ずいぶん気分は慣れたのよ、さすがに。
前より聞けるようになったしね。
だけど、だけど、日本に帰ってきて全く使う機会もないと
忘れるのはあっという間だということを思い知ります。

日に日に、脳から単語が消えていく・・・。

不十分な英語力とはいえ、せめてこの時点から悪くなりたくないので
私、思い切って、再び英会話学校へ週一回ですが、通うことにしました。

数日前、話を聞きに行き、今日、体験無料レッスンを受けてきました。
カナダ人の先生が個人でやっているところなので
いろいろ融通も利き、値段も有名校よりははるかにお安く
先生もとてもよさそうなので、即決しました。
旦那も「いいんじゃない。」って言ってくれてたし。

この小さな町で、個人でやっているので生徒さんもまだ少なく
グループレッスンで申し込んでも、結果的に個人レッスンになりお得なのです。

じつは来月、力試しと、勉強のきっかけ作りに、英検を受けてみようと思っていたので
再びドキドキです。

帰国してから、1か月、あまりにものんびりしてましたからね。
もう、頭がボケボケで、やばかったですから、
これを機会に、動き出そうと思います。
[PR]
by yumi_nyago | 2009-09-25 18:19 | 主婦の毎日

思い出してました。…の巻。

こっちに帰ってきてすぐ、速度違反取締りのレーダーを知らせる装置(あれなんていうんだっけ)を買ったんですよ。
んで、この間の連休に高速を片道8時間、渋滞を避けてスイスイ走ったんです。
私が住んでいる福島県のある村から、大阪難波まで。
今は休みの日は高速道路がどこまでいっても1000円なので
最近、休みって言うと遠出してます。
で、すごくその機械に助けられているんです。
今の機械はすごいですね。
GPSも付いていて、あらゆるネズミ捕りに対応しているらしく
しょっちゅう、「まもなくループコイルです。」とか「間もなく取締りエリアです。」とか
まもなく「LHシステムです。」とか教えてくれるので
安心してびゅんびゅん走れました。

そうはいっても私、免許を取得して今まで、運がいいことに日本ではスピード違反で捕まったことないんです。
ええ、日本では。

タイトルの”思い出していた”というのはそのことで、
アメリカにいるとき、ひっかかっちゃったんですよね、速度違反の待ち伏せに。

ハイウエイを降りて、同じ調子でくスイスイ走ってたら
パシッとフラッシュがどこからか光って、なんなんだ?と思ってたら
2週間後、お硬い感じのお手紙が送られてきたのです。
開けてみるとクリアに映った写真つきの物々しい書類には
くわしく場所や超過速度、違反金額、召集命令が書いてありました。

あの時はショックでしたね。
やっちまった・・・と、恐る恐る旦那にそれをみせたっけ。

2年ぐらい前なので忘れましたが
たしか35マイル制限のところを59マイルで走ってて
24マイル(38km/h)オーバーの罰金が360ドルぐらいだったような。
げっって感じでしたね。

日本だと点数がついたり、決まった金額を振り込んで、当然金額は変わらないと思いますが
アメリカでは出頭して、裁判を受けると値段が変わるんですよね。もちろん安く。
前は場合によっては半額ぐらいになったとか。

でもねえ、それでなくても英語でいろんな手続きがめんどくさいのに
裁判かあ・・・・こまったなあ・・・とブルーになる反面
この珍しい経験に心のどこかでは、ちょっとドキドキ、面白そうだなあと思ってたような。

で、旦那についてきてもらうことも無く、指定の日に一人で、警察署の中にある裁判所へ赴き手続きしました。
ほんとは、その日に終わるはずだったんですけど
受付の時点で、私の英語が怪しかったのか、通訳を付けましょうか?と聞かれ
それも面白いなあとおもい、お願いしました。
で、違う裁判の日程を再び指定され、通訳の方と待ち合わせして法廷へ。
受付の順番待ちも、法廷の部屋の中も私のような人がたくさんいて、ごった返していました。
さすがアメリカだ。

裁判の仕方は簡易とはいえ、テレビでよく見るようなちゃんとした裁判の部屋で、
一段高い所に裁判官がいて、違う係員も何人かいてこちらをにらみ、
傍聴席にいるたくさんの人の前で、ジャッジを受けるのです。
傍聴人席にいる人は、同じように裁判を受けるのを待っている人たちなので
その人たちも自分のときはこう言おうとか思いながら、じーっとジャッジの様子をみてるのよね。

私は早めに受付したので、順番が早く、その分ギャラリーも多かったんで緊張しました。
呼ばれた私は裁判官の前の、被告人が立つ場所に、通訳の方と立ち、
裁判官の話を聞き、間違いないか返事します。
で、なにか言っておきたいことはないかと聞かれ、
あらかじめ通訳の方と打ち合わせしておいたことを思い出しながら答えました。
でも、さすがに舞い上がっていて、真っ白になり、
私の不十分な返答に、通訳の方が、気を利かせてくれて、
いろいろうまく付け加えてくれたおかげで、罰金が2割引きになり、無事に終わりました。

通訳の方は日本人の男性で、30年アメリカに住んでいる間に
ご自身も何度も捕まったことがあるそうで、要領はよくご存じだとか。
すっごく助かったのと、その方の持っている雰囲気の安ど感と、
すばらしい機転と頼もしさに尊敬の念を覚えました。
ありがたかった・・・。

将来、こんな風に人を助けられる仕事ができたらいいなと思いましたね。

でも、自分が罰を受けるのはもう2度といやだな。

結局それでも280ドルぐらい払ったので、違反そのものは失敗でしたが
今思えば、これまたいい経験だったと思います。


アメリカ生活での”2大やっちまった”の一つです。
ちなみにも一つの”やっちまった”はアキレスけん断裂です。
[PR]
by yumi_nyago | 2009-09-24 17:56 | アメリカ生活のいろいろ

お久しぶりです…の巻。

しばらく更新してませんでした。
日本に帰ってきて落ち着いてしまったら
特に面白い出来事もなく、日々の出来事もアメリカ生活にも関係ないし
なんだかすっかり更新の意欲がなくなってしまいました。
それと、新しいPCを買って、ピカピカでうれしいんですけど
どういうわけか前のPCで書いている時より、変な誤打が多くなって(なんでだろう)
スムーズにいかず、時間がかかるようになってしまいました。
それと、PCが変わると同時に写真の掲載の仕方も面倒になり
やろうやろうと思っていたアメリカ旅行記を書くのも面倒になってしまいました。
ときどき見にくてくださっていた方、すみません。

この数日の出来事は・・・と、
まず、10日前に髪を切りました。
アメリカに行っていた約3年間、なんと、ずっと自分で切っていたので
正直、美容室に行くのが怖くて、(すごいことになっているので)
もうこのまま自分で切り続けようかとも思っていたのですが、
何しろ洗面台も狭いし、暗いのでなんか意欲がわかず
しかし、町ゆく娘さんたちや女性たちはみんなこぎれいですっきりおしゃれ。
それに比べなんとなく自分は、もっさりして重く、生活に疲れたよう・・・。

なので、やっぱり思い切って美容室へ行き、
どういう風にすべきか相談し、
すっきりこぎれいにしてこようと思ったのです。

で、思い切って結構切りました。ショートボブっていうんですかね。
いやあ、すっきりしました。
3年前アメリカに行った直後はショートカットだったのが、
最近は結構ロングになってたので(ごまかしがきくし)
ちょっとした断髪式のようでした。
下に落ちた髪は、ズラを2つぐらい作れそうな量。


あと最近の出来事では、山に登ったというか歩いたというか。
ひょんなことから、地元の山岳会の方に誘われて。

これは、当日行ってみて実感したのが、想像以上に責任重大な事態で
どうやら地元の小学校の山登りの行事に、お手伝いとい言うことだったのです。
5年生3クラスに先生もいるのですが、ガイド兼補佐役で地域の山岳会の方々が
10人ぐらい参加するのが好例だそうで。
ちなみに私は山岳会ではありませんが。
で、ほとんどの方は6時間ぐらい歩く縦走コースで、
中には体力のない生徒さんのためにゆるやかで短いコースも用意されていると。
んで、私はその短いコースを歩く生徒さんを励ましながら一緒に行く役ということだったのです。
おいおい、私のほうが励まされたらどうすんだ?・・・とおもいつつ
引き受けた以上は気を引き締めて・・・と気合を入れて行きました。

が、結局いろんな状況変化により、私もその縦走コースを歩くことに。
途中、すんごい強風によりコースが変更になり短くなりましたが
体力のないグループとゆっくり歩いたので、結果的には7時間ぐらいかかったでしょうか。
少ない人数のグループでしたが、どうしても後半はペースがまちまちになり
付き添いの私たちも生徒一人に一人がついて、
私としても大事なよそ様のご子息を安全に返さなければと、
久しぶりに自分のことより人のことを考えて行動する貴重な時間でした。


でも小学生とこうして触れ合うことのない私には
とても新鮮で貴重な経験でした。
うちは子供がいないし、基本的には子供の扱いが得意ではありませんが
田舎なので子供たちも素直な(?)いい子たちばかりで、思いのほか仲良くできて
一緒に達成感を味わえたと思います。
途中、正直ちょっとだけ「このやろー!」と思ったことも無くはありませんでしたが。
子供は天使とよくいいますが、私にはどちらかというとおそろしいです。

それにしても、よく歩きました。
しばらく筋肉痛と疲労が抜けませんでした。

でも、私は子供たちと一緒に歩くだけでしたが、
山岳会の皆さんは、足をくじいた子供を背負って一度山を降り、
養護係に送り届けた後、再び登って追いつき、またけが人を背負って・・・
と、それなりのお歳の方ばかりでしたが、体力、素晴らしい行動力、リーダーシップ、連係
さすが!と叫びたくなる山の知識。
この方たちがいないと、とてもじゃないけど成り立たないと思いました。
いいものを見せていただきました。
いつも飲んでる姿しか見たことない方も、その時は輝いて見えました。


前回の更新から今日に至るまでの出来事はそんなとこでしょうか。
あとはボーっとしてます。

そろそろ勉強とか、仕事探しとか始めなきゃ。
[PR]
by yumi_nyago | 2009-09-15 14:09 | 主婦の毎日

そういえば一年…の巻。

引っ越し騒ぎでうっかりしていましたけど、
そういえば8月末でブログを始めて一年になりました。

アメリカに引っ越してすぐ始めれば、慣れない生活でおかしな事件がたくさんあったのに
今思えば、もったいないことをしました。
それに、去年の今頃は、今こうして日本で書いているとは思いもしませんでした。
・・・というか、続くかどうかもあやしいものでしたが
コメントをくださるかたや、コメントはなくても実は読んでくださっている方がいてくださったおかげで、やる気が続きました。
みなさん本当にありがとうございます。

日本に帰国しているのにこうして”アメリカ生活”のタイトルのブログを書くのは
なんとなく、なんなので、
いまはできるだけ帰国にまつわる話に絞っています。
ので、完全に引っ越しが落ち着くまで、もすこし書かせてもらおうと思います。

”アメリカ生活”で検索して引っかかってしまった方、
関係ないネタですみません。
ブログ村もそろそろやめなくちゃね。

あ、でもアメリカで旅行したところについて、まだ全部は書いていないから
自分の記憶の整理としてそれも書いておきたいなあ。
最近の記憶のワシントンDC、
ブログを始める前に行ったNY、ボストン、ナイアガラフォールズ
ほかには何度も何度も行ったシアトルや、家から近いコロンビア峡谷など、なぜ今まで書いていなかったんだろう。
あと有名どころだから、いまさら私が書くのもなんなだあと思っていたサンフランシスコ、LA、
あと、カリフォルニアワインと言えばナパやソノマの景色。

それとそのうち特集にしようと思って写真を撮りためたネタの数々。
それはいい写真がそろわなかったので、いまだに書いていませんが。
そうそう、前は特集ネタが、好きでしたね、いろんなスーパーマーケットのこととか。
初めの一年はどれもこれも珍しかったので
ほんと、その時から始めていればよかったなあ。
ブログを始めたころにはずいぶん見慣れてしまってましたからね。

そもそもブログを始めたきっかけは、
お友達がやってたこと。
同じ駐在の方で、とっても素敵なTさん。
その話を旦那にしたら、「自分もやってみればいいじゃん。」
で、「できるかなあ。」と、調子に乗ってブログに関する本を買い、お友達にも教えてもらい
PC音痴の私が、なんと初心者ブロガーの道に入ったのです。
Tさん、ありがと!

「自分もやったら?」と私に勧めた旦那は
パソコンは得意ですがブログのことは知らないので、もちろん教えてくれもせず
あろうことか読んでもくれてないのですが。
まあ、いいですけどね。
ここに書いてる話は、そっくりそのまま毎日話してますから。

そうそう、今回日本に帰国して、ばたばたしていましたので
帰ってきたよ!と近くに住むお友達に連絡をするのが遅れてしまいました。
で、先日メールをしたら、
「帰ってきたのはブログを見て知ってたけど、いったいどこに帰ってきたんだろうね・・・と思ってたよ」と言われました。
大変失礼しました。前と同じところです。

なかには、「写真に映った箸袋で居場所はわかったよ。」とか。

こんな私のことを忘れないでいてくれて、しかも読んでくれていたとは、
私自身はとても感動でした。
はやく一緒にビールでも飲みに行きたいです。

そう毎日おもいつつ、引きこもっている私でした。

あ、はやく住所変わりましたのはがきも出さなきゃ!


・・・そんなこんなで、いろいろあせりつつ
あ~どーしよー!とばたばたしつつ、
なのに、頭がいっぱいのときに逃げ場を求めて、
用事はないのになんかPCの前に座ってしまうようになったのも、ブログを始めてからです。
んで、PCで英語やいろんな勉強するようになり、ニュース読んだり
最近はじめたジョギングについてもネットで管理するようになりました。
あと、帰国前後、見たい番組を見逃したことをきっかけにNHKオンデマンドでテレビを見るようになり、ますますPCの前に座る時間が長くなりました。
いいのか、悪いのか。

でも、ちょっとしたきっかけで、世界が広がったことにまちがいはありません。
ブログを通して遠いところの方とお友達にもなれましたし。

なんでもやってみるものですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
よろしければ上のバナー(海外駐在妻・北米旅行)をワンクリックで1票お願いいたします。
(ブログ村ランキング参加中なのです。)
クリックするとその先に、他の人気ブログがみられます。
[PR]
by yumi_nyago | 2009-09-02 11:20 | その他



アメリカ駐在会社員の妻が日々格闘する、はちゃめちゃライフ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
ブログパーツ
同盟バナーご協力を白長同盟バナー猫中動
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧