猫も杓子もアメリカ生活

<   2009年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

うわっ、勘違いしてた・・・の巻。

わ、わたし、恐ろしくはげしい勘違いをしてました。
何を?って?

3月18日に種を蒔いてずっと大事に大事に育てていた植物たち。
ラベンダーちゃん、ローズマリーちゃん、バジルちゃんのハーブたちと
ポピー&ポーチュラカちゃんの花たち。
毎日毎日、朝に昼に夕に、何度も顔を見て成長をひたすら楽しみにしていました。
で、でね・・・

あ~何から話せばいいんだ?

まずは、今の彼らの成長の様子を報告・・・と。
前の記事を開いていただくのは面倒をかけるので、もう一度プレーバックしますと・・・
え?いらない?まあ、そういわないで。

4月15日のラベンダーちゃん
c0177671_2461732.jpg

同じ日のローズマリーちゃん
c0177671_2473892.jpg

ポーチュラカちゃん(たぶん)
c0177671_2482636.jpg


ラベンダーちゃんはひゅるひゅるっと成長が最初早かったのですが
ローズマリーちゃんは芽が出るのも、成長もゆっくりゆっくりでした。

実はこの時点で、すでに勘違いが始まっていたのです。

で、4月25日
ラベンダーちゃんを大きなテラコッタの鉢に植え替えしました。
c0177671_253334.jpg


5月6日のローズマリーちゃん
c0177671_2555919.jpg

このあとつり下げ型の鉢に植え替えました。

6月10日、ハワイから帰ってきてびっくり急成長していたローズマリーちゃん。
c0177671_36783.jpg

私がいない方がのびのび育つという事かしら?
ん?でもローズマリーってこんなに茎が太かったっけ?
ま、いいや。

ちなみにポーチュラカちゃん。
c0177671_384868.jpg

ラベンダーちゃん。
c0177671_395839.jpg

あ~みんな育ってる!

6月20日 あ~!先っちょが丸くなってる!つぼみ(?)
c0177671_3115385.jpg


ここからは勘違いの真相のドキュメントのため、このローズマリーちゃんにフォーカスさせていただきます。

6月22日 おお!これはまさにつぼみではないか!
c0177671_3182981.jpg

わくわく!いつ咲くのかな?

で、今日、6月30日。朝8時36分。
c0177671_3212648.jpg

おおおお!今にも咲きそうだよ!
???ん?ローズマリーの花って赤かったっけ?

続いて朝9時53分
c0177671_5573760.jpg


10時04分
c0177671_5583440.jpg


10時19分
c0177671_559496.jpg


今さらですが・・・
間違いない、これはローズマリーではない。

あれ?じゃあ、これは誰?
ローズマリーちゃんはどの子?

匂いを嗅いでみる。
あれ?確かに花が咲いているのは匂いがしなくて
地味~にゆっくり育っている葉っぱを嗅いでみたら、
あ、なんかさわやかな香りがする。

花の種の袋を確認する。
c0177671_61112.jpg

んん?拡大。

間違いない。いや、間違いなく勘違いだった。
ローズマリーちゃんだと思っていたのがポーチュラカちゃんで
ポーチュラカちゃんだと思っていたのがローズマリーちゃんだったのだ。
c0177671_61891.jpg


なんで?どうしてずっと勘違いしてたんだ?
きっと小さい苗床の時に、いろいろ動かしていたから、わかんなくなっちゃったんだ。
こんな時。
c0177671_682671.jpg


あ~あ~あ~
私は、いろんな人に言いふらしちゃった。
今にもローズマリーちゃんが咲きそうだと。

しかも、ご近所の園芸仲間のYさんに
「ね~こんなにローズマリーちゃん成長したよ。はい、お裾分け!」
・・と、ものすごく得意げに何株かお裾分けしてしまった。

やっちまった。
ホントのローズマリーちゃんはたぶんこれ。
た・たぶん。匂い的に。んんん、でも葉っぱの感じが種の袋とちょっと違う気もする。
c0177671_616139.jpg


そうなると、ずっとラベンダーちゃんだと信じてきた子達もなんとなく怪しくなってきた。
c0177671_613328.jpg

あれれれ?
よーくみると、何株か様子の違うのがいるぞ?
c0177671_6224162.jpg

すんごくよく似てるけど、真ん中へんにちょっと違う葉っぱが・・・。
匂いを嗅いでみた。
これはローズマリーちゃんだ。
ラベンダーちゃんの中に紛れていた。
なんてこった。

まあ、寄せ植えと思うとしよう。

勘違いをしていたとは言え、ポーチュラカちゃんがこんなにきれいに咲いてくれたし。
c0177671_6252254.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
よろしければ上のバナー(海外駐在妻・北米旅行)をワンクリックで1票お願いいたします。
(ブログ村ランキング参加中なのです。)
クリックするとその先に、他の人気ブログがみられます。
[PR]
by yumi_nyago | 2009-06-30 10:05 | 植物育成日記

バラの街、ポートランド・・・の巻。

ポートランドエリアに住んで3度目の夏にして、
やっとバラ園に行ってきました。(先週の事ですが)
c0177671_4571433.jpg


ポートランドは『ローズシティー』というキャッチコピーがあるぐらいだから
どれほどきれいなのかと、ずっと楽しみにしていましたが、
まだ、早い時期だったり、季節が違って
どうしてか、なかなかバラ園に行く機会がありませんでした。

どちらかというと、住宅街のあちこち、いろいろなお宅で育てられている、
見事にきれいなバラを勝手に眺めて、「わあ!」と、感激したり
ダウンタウンの西側を囲んでいる高速道路405号沿いに咲き乱れるバラに
「わあああ!」と歓声をあげたりしていました。

バラって育てるのがすごく難しいイメージだったんですけど
高速道路沿いのあんな過酷な環境で、みごとにたくさん育っているバラたちはすごい。
でも高速道路沿いの写真はなかなか撮ることができず(停まれないので)残念です。

バラ園はダウンタウンから車で10分の自然公園の中ですが
駐車場の脇にも、隣のテニスコートのフェンスにもバラがいっぱい。
c0177671_5164154.jpg

もう、この時点でバラの香りがします。
で、バラ園。
c0177671_5151536.jpg

敷地の広さは4.5エーカーだそうです。・・・ってどんな広さかいまだにピンと来ませんが
そんなに広い感じではなかったですね。
森の中の、だんだん状の敷地には7000株、560種あるんですって。
なんでも、全米で一番古いバラの試験農園とか。

c0177671_526542.jpg

c0177671_5282650.jpg
c0177671_5283975.jpg


いろんな花が好きですし、ふだんはどちらかというと、ちっさい野花が好きですが
でもやはり、バラもパワーがあっていいですね。
自然と華やかな心になります。

いいなあ。
こんなバラが咲いているお庭を見ながら、バルコニーでのんびりお茶を飲む老後がいいなあ。
・・・無理だな。

せめて上手にお花を育てられる人になりたいなあ。

c0177671_5334057.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
よろしければ上のバナー(海外駐在妻・北米旅行)をワンクリックで1票お願いいたします。
(ブログ村ランキング参加中なのです。)
クリックするとその先に、他の人気ブログがみられます。
[PR]
by yumi_nyago | 2009-06-29 13:35 | ポートランド、街歩き

西マウイの冒険・・・の巻。

マウイ島でゴルフをした後、午後から車で西マウイのドライブに出かけた。

西マウイの突き出たところは、地図で見るとほとんどが山(West Maui Mountain)で
山と海の間を走る道路がぐるっと1周ある。
・・・が、ガイドブックの地図では、
このぐるっと一周の北側の部分が、道路が破線で表示されていて
途中から『この先レンタカーでは走行できません』と書いてある。

むむむ・・・と気になるわけです。
どんな道なんだろうと。
地図の色からいって、崖っぽい。

まあ、行けるとこまで行きましょうと、出発。

私たちが泊まっているキヘイからひたすら西へ。
海沿いの道を進むとラハイナの街。

実は、帰ってきてから、(っていうか、今これを書いてて気づいたんですが)
ここはカメハメハ大王がホノルルに遷都する前の首都だったんですって。
だから歴史的な建造物もたくさんあるらしいの。
そういえばたしかに優雅な品のある雰囲気がありました。
日系人がたくさん住んでいるのか、あきらかに日本の名字のお店がたくさんありましたよ。

あのときは時間がなかったから、スルーしちゃったけど、
もう少し、時間を取ってゆっくり歩いて観光したかったかも・・・。

ラハイナを過ぎ、途中、サトウキビ列車がありました。
c0177671_3304934.jpg

これは現在も観光用に走っているようで、一日4便。
ラハイナのはずれからカアナパリリゾート地区とその少し向こうまで行けるみたい。
c0177671_331963.jpg

昔はサトウキビを運んでいたのかなあ・・・。(想像)

こんなうっそうとした里の道を通ったり、
c0177671_343589.jpg


ずーっといって、ちょっと人里離れたころに、
両側がずーっとキョウチクトウが咲き乱れたきれいな道路。
c0177671_3361260.jpg

なぜ、ここにこんなきれいな道が・・・?

そうかと思えば赤い土が覆い被さるような山道。
c0177671_3472799.jpg


左には崖とこんな海が広がっている。
c0177671_344118.jpg


そして、Honolua Bay
c0177671_3373712.jpg

たぶん、地図ではこのあたりから、レンタカーは走行禁止と書いてある。

「きっとこれ以上言ったらダメというところに看板があるよ。」
と、注意しながら行けども行けども、そんな表示はない。

でも確かに、あきらかに危険そうな狭い崖沿いの道に進入している。
c0177671_3502134.jpg

おいおい、カーブで対向車が来たら正面衝突だぞ・・・。

車1台分しか通れない、崖沿いの道や古そうな橋をわたり、
なんだか成り行きで進む。
何処まで行く?といいながら、
「じゃあ、あの岩の向こうまで行ってみて、引き返そう」 ということになる。
c0177671_3555186.jpg


その岩が近づいたとき、なにやら人里が。
c0177671_444687.jpg

c0177671_357545.jpg

Old Kahakuloa村?
え?そんなの地図にのってないよ。

本当にむか~しから住んでいた本当のハワイ人の村という雰囲気。

段々畑のタロイモ畑。
c0177671_41469.jpg

なんか、懐かしい雰囲気が漂っている。

観光客がくるという雰囲気ではないのに、何軒かパイナップルや椰子の実を売ってる売店がある。
そのウチの一軒で、バナナブレッド、
そして違う一軒で、冷えたパイナップルを買う。
この平和な村の狭い道を通してもらってありがとうという意味を込めて。

そんな村を越えて、目標の岩を越えるとWest Maui Mountainをぐるっと一周することになる。
すると北マウイのKafului方面に出る。

街を通って帰る方が近いけど、そろそろ夕日だし、同じ(危険な)山道を戻って
海を見ながらかえろうという事に。

あの道、そういえばレンタカー禁止の表示はとうとう無かったな。
運転に慣れない観光客は入ってこないでねっていう意味なんだろうか?
狭い危険な道だし、村人の平和な暮らしもあるし。ってこと?

まあ、なんとか無事だったし、いっか。
ツアーでは味わえない、昔の本物のハワイを見たような。

マウイは行ってないところ(Hanaとか)もまだあるし、また行きたいな。

c0177671_454169.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
よろしければ上のバナー(海外駐在妻・北米旅行)をワンクリックで1票お願いいたします。
(ブログ村ランキング参加中なのです。)
クリックするとその先に、他の人気ブログがみられます。
[PR]
by yumi_nyago | 2009-06-26 10:22 | ワイハ。

ハワイでゴルフ・・・の巻。

憧れていたハワイでゴルフ。
そんな贅沢な遊びは、まだまだ私たちには分不相応かなと思っていましたが、
なんと叶ってしまいました。
罰が当たりそうです。

本当は身軽に行って、現地でレンタルのクラブを借りて、
楽々で優雅なゴルフが理想でしたが
私ら夫婦は、うんとこしょ、どっこいしょ・・・とマイクラブを担いでハワイまで行きました。
貧乏性は悲しいね。
他のお二人は悠々とレンタルされてました。

飛行機の荷物預けに一つ15ドルかかるのでなんですが、
レンタルよりは多少お得だったのと
やはり自分のクラブが使いやすいしねえ・・・と、自分に言い聞かす。


で、一か所目のゴルフ場はマウイ島キヘイの『エリエール・マウイ・ゴルフクラブ』
宿から一番近かったので。
費用は二人で$200ぐらいでした。
なーんだ、日本の値段とそんなに変わらないじゃん・・・みたいな。
日本でも場所によってはもっとずっと高いところたくさんありますよね。

しかも平日のせいか、すんごいすいていて、前も詰まってなけりゃ、後ろからもせかされず
のんびり、ちゃらちゃらと遊べました。
c0177671_664133.jpg

猫ものんびり。
c0177671_651844.jpg

鳥ものんびり
c0177671_654742.jpg


海のそばではありますが、期待したほどオーシャンビューではなかったですが
なんホールかでは海とハレアカラ山を見ることができました。
c0177671_6125182.jpg


そんなにアップダウンもなく、らくちんなゴルフ場でした。(スコアは別よ。)


2か所目はハワイ島の『コナカントリークラブ』
ここも宿から近いので。
グリーンフィーは2ラウンド(36ホール)合わせて二人で$260ぐらい。
これは、2ラウンド目マウンテンコースがすごく安くて一人$30ぐらいだったから。
このマウンテンコースがねえ・・・。


まっ、まず、午前中に回ったオーシャンコースの18ホール。
ここは正真正銘のオーシャンビュー。
c0177671_6381347.jpg

っていうか、昔、海に流れ込んだ溶岩の上に、ムリヤリ作ったかのような。
だって、こんなよ。
c0177671_6342695.jpg

c0177671_6343891.jpg

ときどき、バッシャ~ンと波がかかりそうなホールもいくつか。

こんな溶岩の入り江越えとか。
c0177671_6372810.jpg


すこし曇りでしたが、十分ハワイらしいゴルフ場を満喫しました。

で、午後のマウンテンコース、18ホール。
カートで山に向かい、スタートホールのあたりで、
第一ヤギ発見!
「お~!ヤギだ、ヤギだ!」と、盛り上がる。
c0177671_6405172.jpg


マウンテンコースはさっきよりも更に溶岩だらけ。
c0177671_6435180.jpg

うっかり曲がって、溶岩に当たると、はねて何処へ飛んでいくかわからない、
おっとろしいコースでした。
c0177671_645156.jpg


オーシャンコースの海間近に対して、マウンテンコースは広い範囲でオーシャンビュー。
c0177671_6473241.jpg

ちょっと曇りなのが残念!

曇りでも暑くて暑くて、夕方まで我慢しようと言っていたビールをプシュー!
(時々お姉さんが売りに来るので)
c0177671_6512724.jpg


そんなこんなで、暑くて疲れて、言葉もなくなってきた、この日2度目のバックナイン。
そこに、思わぬ障害が・・・。

ヤギ・・・それも一匹や2匹ではないですよ。
後半になって急にあちこちに群れをなすクロヤギさんたち。

まず、ティーグラウンドに。
c0177671_6544228.jpg


カート道に大人ヤギ。
c0177671_6575896.jpg

そして子ヤギの追いかけっこ。
c0177671_6582121.jpg


最初のウチはこんな風にパラパラと出現してましたが、
だんだん、そっちこっちで、いろんな音色の「めぇぇぇぇえ!」の大合唱が聞こえ始め
後半は牧場?と思うほどの20~30匹、いやそれ以上が
フェアウエイで、グリーンで、草をはみ、昼寝をし、飛んでくるボールを恐がりもせず
悠々と群れをなしているではないですか。

こうなると、最初のホールではじめてヤギを見つけた感動なんて、どっかに行っちゃいました。
しまいには、あ~うざい。あ~鳴き声うるさい。・・・みたいな。

写真が・・・群れの写真をお見せできないのがすごーく残念です。
私としたことが、牧場状態の写真を撮ってなかったのです。(余裕がありませんでした)
同行したIK氏がいい写真を撮っていたので、それを貼ろうと思いましたが
うまく縮小コピーできず、悪戦苦闘しましたが3時間経過し、あきらめました。
あ~みなさんにお見せしたい。
あの池越えショートのグリーンの上に、たくさんのクロヤギさんたちが寝ている様を。
すみません、想像してください。

「あのヤギねらいで打つといいね。」
「え?どの?」みたいな。

当然グリーン上は、フンだらけ。
パターを打つにも、途中にコロンコロンだし。
フンハザードです。

あれはあれで、貴重な経験でした。

また行きたいなあ。

c0177671_7151350.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
よろしければ上のバナー(海外駐在妻・北米旅行)をワンクリックで1票お願いいたします。
(ブログ村ランキング参加中なのです。)
クリックするとその先に、他の人気ブログがみられます。
[PR]
by yumi_nyago | 2009-06-25 04:45 | ワイハ。

マウナケアとキラウエア・・・の巻。

ハワイ旅行からずいぶん日が経ってしまいましたが、いまさらのハワイ旅行記です。

ところで、話は一旦飛びますが、日本の高い山というと
富士山が標高3776m、2番目の北岳が3193m、3番目の奥穂高が3190mだったと思います。
当然、いずれも車で山頂までは行けません。
(ゆえに美しく、自然が残されているのですね。)

一方、ハワイ島のマウナケア山標高4205mは、富士山よりも高いのに、
なんと頂上まで車で行けちゃうのです。いろんな国の天文台がありますからね。
(車種によっては行けないかも)
途中標高2800のところにある、オニヅカビジターセンターという、日系のハワイ人宇宙飛行士を記念して作られた案内所前からが、マウナケア山頂に行く入り口だ。
c0177671_0534584.jpg


山に沿ったヘアピンカーブを、土煙を上げて走っている車を見上げると
ワクワク感+大丈夫だろうか・・・という気持ちで、どうする?いく?とミーティング。
なにしろ一般の人がガイドもなく行けるとは思ってなかったので、寒さ対策とかそういう装備をしてこなかったし、ダメそうだったら引き返そうと、結局行くことになったのです。
本当は夜に行われる星空を見るツアーに参加するのが一番感動的なんでしょうけれど、
我々はなんとなく成り行きでちょっとドライブのまま、行ってしまった。

道は舗装されていない、狭い道から始まり、結構ドキドキだった。ジープでよかったよ。
(私は尾てい骨に響いて痛かったけど。)
c0177671_0555168.jpg



風が強いためか、標識には穴が開いてます。雪も一部残ってるし。
c0177671_0444638.jpg



山頂には各国の天文台がいくつもあります。
c0177671_0585574.jpg


もちろん日本の光学赤外線望遠鏡「すばる」も、銀色に輝きながらそびえていました。
c0177671_1084.jpg


はい、なんだかんだ言って、頂上の「スバル」のとこまで行ってしまいました。
残念ながら、見学はできなかったけど。

富士山よりの標高が高いところへ一気に上がったので、空気がうすく、
仲間の一人が具合が悪くなってしまいました。行かれる方は注意です。
すんごい寒いし。
なのに私たちは、もともと頂上まで行けるとおもってなかったものですから、
Tシャツに短パン、ビーサンというなめた格好で行ったので、寒さが突き刺すようで、
天文台の係の人に見つかったら、きっと注意を受けていたことでしょう。


でも何とも言えない爽快感でした。何てったって標高4000mだもの。
人生で一番高いところです。
c0177671_214444.jpg



そして、ハワイ島のメインの見所と言えばキラウエア火山でしょう。

これはキラウエア火山山頂の大火口を見られる展望台からの景色。
c0177671_1325620.jpg

遠くに蒸気が上がってますね。
どうやら、この火口の中をトレイルできるみたい。
でもさすがに私たちは、時間的、体力的に行けませんでした。

でもねえ、今でも活動を続けている、大自然の神秘キラウエア。
私たちが展望台の景色だけで満足するはずはありませんでした。
しかし、これがねえ、もう少しよく調べておけばよかったのね。

本当は、今でも赤々とマグマが海に流れて、
その水蒸気が間近でが見られるところまで行けるルートがあったらしいんだけど(たぶん)
そこが夕方の5時からしか開かなくて、スケジュール的に無理なのでそこはあきらめたんですよ。
もしかしたらそれも、ツアーに参加しないと行けないのかもだし。
ここが入り口。厳重に規制している。危険さプンプン。
c0177671_1305757.jpg

ああ、行きたかったなあ。

でも、この閉ざしたゲートまでの道も、かなりの溶岩三昧で、この世の景色とは思えませんでしたよ。
もともと道があったところに溶岩が流れて遮断され、
その後に作ったと思われるガタゴトの舗装道路。(これも痛かった・・)
c0177671_1415769.jpg

ここから見た景色は一面、溶岩が固まった大地なんだけど
なぜか、どうやって建てたのか、向こうの方に家が数軒。
c0177671_144662.jpg

これ土じゃないんですよ。
ずーっとこんな堅ーい溶岩よ。心なしか暑い熱気も感じるし。
c0177671_1465054.jpg


溶岩が流れる様をみることがかなわなかった私たちが次に行ったのは、
違うルートで海岸に行く道。
住宅街があるところの突き当たりに『←Beach』という看板があり、
車を停めて、歩いて行ってみた。
これがまた溶岩の道。
c0177671_1524692.jpg

このさきにホントにビーチ?といささか疑惑を覚えながらも、行ってみた。

途中、右側に、さっき行けなかった溶岩が海に流れる場所と思われる蒸気が見えた。
c0177671_1551345.jpg

それ以外のところも何カ所かシューシュー蒸気が出ていた。
c0177671_1574220.jpg

見えます?ずっと向こうの方に何カ所か蒸気が。

そうこうしているうちに
突然、現れたビーチと言うよりも、激しい波が荒れ狂う岩場。
c0177671_23740.jpg

写真にうまく大波を写せませんでしたが
ハワイの波って、迫力あります。
うわあ~って襲ってくる大波はすごい高さがあって、
葛飾北斎の『富岳百景神奈川沖波裏』の絵のような。
あんなのにのまれたら、私なんて絶対生還できない。

この日は朝から海岸で転び負傷の上、波をかぶり、すっかり海が怖くなった私です。

でもハワイの偉大な自然をたくさん見られて、貴重な体験でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
よろしければ上のバナー(海外駐在妻・北米旅行)をワンクリックで1票お願いいたします。
(ブログ村ランキング参加中なのです。)
クリックするとその先に、他の人気ブログがみられます。
[PR]
by yumi_nyago | 2009-06-24 08:37 | ワイハ。

友達が遊びに来てくれました・・・の巻。

あ~しゃべった。
あ~笑った。
おもしろかったあ。

ポートランドのずっと西側のエリアに住んでいる親友Hさんが
バンクーバーの東の果てにある私の家まで遊びに来てくれました。
とは言っても車だと30~40分ぐらい。

私は日系スーパーに買い物に行くために、その近くのHさんのお宅に行くのは全く苦ではありませんが
彼女がバンクーバー(カナダじゃないよ)にくるのは、見慣れないし走り慣れないし、大変だと思う。

今までに2回来てくれたことがあるけれど、そのたびいつも道中にいろいろなドラマが生まれるようです。
初めて来てくれたときは、ワケのわからない、どうしてここで?というところで
ぐるぐる迷子になり、ずいぶん自力でわかろうと努力したらしいのですが
どんどんドツボに入り、半泣き状態で電話をくれ、向かえに・・・というか捜索しに行きました。

わかるよ、わかるよ。
わからないところで高速道路の出口やジャンクションをを間違うと、
「あ゛~間違ったあ・・」と思ったときにはそのまま行くしかなくなって、
一旦高速を降りるとしても、ぐるっと回っているウチに方向がわからなくなるし、
出口のWest・Eastを間違えるだけでも、知らないところでは舞いあがってしまう。

思い出すなあ、こちらへ来た当時何度も迷子になって、ぐるぐる同じところを回ったり
気がついたら、どうしてこんなところ?というぐらい、とんでもないところに着いてしまったり。

親友H、今回も無事にまっすぐ来られるかなあ・・・と少し心配してましたが
まあ、2回来てるし・・・大丈夫?と聞くのも失礼だし・・・と思っていたら
やっぱり迷子になってました。
途中でお昼ご飯を買ってきてくれたから、いつもと違う道で
わかんなくなっちゃったんだね。
あせったろうなあ。「きー!」っとなってたろうな・・・。
ごめんよお、そんな苦労してまで来てくれて。

でも、なんとか我が家に到着し、お昼ご飯を広げると、なんにもなかったように、楽しい時間でした。
いっぱいしゃべって、ホントたのしかった~。
つい、今し方帰っていきましたが、見送った後、笑い疲れて放心状態になりました。

簡単にスッとこれるようになるまで、何度も来てもらわなくちゃ。
もう、家についたかなあ。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
よろしければ上のバナー(海外駐在妻・北米旅行)をワンクリックで1票お願いいたします。
(ブログ村ランキング参加中なのです。)
クリックするとその先に、他の人気ブログがみられます。
[PR]
by yumi_nyago | 2009-06-23 17:22 | アメリカ生活のいろいろ

ご心配おかけしました・・・の巻。

先日のブログにさんざん「イタタタ・・・」の話を書いてしまいましたが、
なんだかんだ、尻餅から2週間が経ち、あれを書いた後、不思議なことにずいぶん楽になってきました。
心配してくださった皆さん、すみません。
すっかりグチモードのブログを書いて、気持ちがすっきりしたせいか
痛かった尾てい骨も、こころなしか癒されたような気がします。

あんなに痛い痛いと書かなければよかったかな・・・と、ちょっと反省したりもして。

最近はできる限り安静にして、(怠け癖がつきそう)
いいか、悪いか、わかりませんが、カルシウム・マグネシウム・グルコサミン・コンドロイチンなど、なんとなく骨や関節に良さそうなサプリメントを摂取して「よくなれーよくなれー」と念じています。

だってせっかくのいい季節なんですから、2年連続、怪我で夏に家にこもっているのは、勘弁です。
だから今しばらくは、じっと我慢で静かにしておこうとおもいます。

病院ですが、周りの方も、旦那も行った方がいいと言ってくれますが、
やはりどうも気が進みません。
どうしたものでしょう。

去年アキレス腱を切った時のあの病院でのことを思い出したり、
あのとき、旦那の会社が加入してくれている医療保険や海外旅行者保険などの手続きを、旦那が全てやってくれて、私はなんにもしませんでしたが、なんとなく見ていて大変そうで、つい最近までその処理をしていたのがやっと終わり、ああまたか・・と思うとなんとなく気が重くなるのです。
自分が何もしてないのにそういうのもなんですが。

それにやっぱり慣れないところの病院は、わけわからないし、痛いところのこと以外の事のストレスの方が大きいし。
だから病院はいやなのよ。
本当に私は根性無しです。

ずいぶん楽になってるし。
なんか大丈夫じゃない?って気もしてくるのです。
(病院に行きたくないからか?)

いろいろ皆さんにアドバイスをいただいたのに、すみません。

まったく・・・、たかが尻餅、されど尻餅。
それにしても、ほんとたかが尻餅で打ったぐらいで大騒ぎして、お恥ずかしい限りです。


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
[PR]
by yumi_nyago | 2009-06-22 09:02 | アメリカ生活のいろいろ

まだ、アイタタタ・・・の巻。

今日はキラウエアと、マウナケアの話を書こうと思ってましたが、
気分的にワナワナ・・・していて、ハワイの楽しかったことを書く気になれず
またちょっと寄り道します。

題名の通り、アイタタタ・・・です。
正直なところを書いていいですか?(いつも正直ベースで書いてますが)

キラウエアも、マウナケアも実は尾てい骨を痛くしてから行ったところなので
正直なところ、景色を楽しむどころではありませんでした。
6月3日から7日の午前中までは、無事でしたが
後半7日から9日までの記憶は、痛かったことがほとんどです。

でもその時は、座ったり、しゃがんだりは痛いけど、一応歩けるし
「ひびが入ってたら痛くて歩けるはずないから、きっと大丈夫よ。」という言葉に励まされ
それに今回は自分たち夫婦2人ではなく、他の方もいらっしゃるので
自分だけ何処も行きませんってのもなんだし、私も楽しみたいし
できるだけ普通に装い、旅を強行してました。
一時はちょっと脂汗ものでしたけど。
きっと旦那と二人だったら、大騒ぎでやつあたりしてましたね。

で、帰ってきてすぐにいつものように旅の記録をまとめようと思いましたが
座っていられず、集中できず、何もする気が起きず
今日に至るわけです。
ちなみに今はバスタオルをくるくるねじって、リースのように丸め円座を作り、座ってます。
これはちょっといいみたい。(それでも立ち上がるときは痛い。)


で、尾てい骨骨折についてググってみたら、
なんと症状が完璧に一致するではないですか。
そしたらまた気分が落ちてしまいました。ひびか骨折・・・。
ちなみに、先ほど書いた「歩けるので大丈夫・・・」ということはなく
骨折していても、歩いたり運動したりしているときはほとんど痛みがないそうです。
私もそう。
「ウッ」と痛いのは座っているとき、立つとき、寝る姿勢になるとき、車の乗り降り
しゃがむとき、ちょと姿勢を変えるとき、上向きに寝るとき、
尾てい骨が何かに触れるとき、骨に衝撃が走ります。

いろいろなページでは
「すぐに医者に行きましょう。」
とか
「大丈夫だと思ってほおって置いて、後で髄液が漏れて重傷になることも・・」
「安静にして自然に直しても、くっつき方が悪ければ排便障害になることも・・・」
・・・って、えええええ・・・っと、急にからだから力が抜けてしまいました。

こういうとき、本当に日本に帰りたくなるのよね。

こっちで病院に行けないわけではないけれど、なにかと面倒。
英語での説明とか、保険の手続きとか、あとこっちはレントゲンがすごい高いらしいし・・・。
値段の問題じゃないけど。
いやだなあ・・・。
だいたい、こんな太ったおしりを診察してもらうのも恥ずかしい。
どうする?肉のせいでレントゲンに骨が映らなかったら・・・。

しかも、そんな思いを乗り越えて診察してもらっても
どうやら結局は安静にして自然に直すしか無いとか。

安静にしてろったって、そうはいかないじゃないか。
見た目はどうみても元気そうだから、何もしないわけにはいかないし。
だって、ほんの些細なこと、床のものを拾ったり靴下はいたり・・・そういう日常のことも大変。
おそるおそるやってるから、何かと時間がかかるの。
うっかり、床にものを落とすと、自分で自分に「キー!」っとなってしまいます。
あ~、どうすりゃいいんだ?
あああ、泣きそうだ。

痛みが取れるまでに2~3ヶ月かかるるんだって。


それにしても、どうして私はこうなんだ。
これは旦那が言いたい台詞だと思うけど、
アキレス腱事件からちょうど一年経ち、やっとよくなったら、これだ。

うん、病院は行かないでおこう。
きっと大丈夫だ。
すこしずつ楽になってきてる気もするし、できるだけ安静にしておこう。

あ~それにしても、また寝て暮らしたら、いつ痩せられるんだ。



すみません。今日はすごいグチモードになってしまいました。
やはり健康って大事です。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
よろしければ上のバナー(海外駐在妻・北米旅行)をワンクリックで1票お願いいたします。
(ブログ村ランキング参加中なのです。)
クリックするとその先に、他の人気ブログがみられます。
[PR]
by yumi_nyago | 2009-06-19 11:21 | アメリカ生活のいろいろ

ハレアカラ国立公園・・・の巻。

今回の旅行記1週間分を全部書くと、読んでくださる方もだるいと思うので

『山』
『海』
『ゴルフ』
『残念だった。』
『これを持って行ってよかったー!』or『これを持って行く必用全くなかった。』
『へ~。』
『わああ!(感動している様子)』

の7項目に絞ってマウイ島、ハワイ島それぞれについて書きたいと思います。
ああ、これでも十分多いなあ。

で、まずマウイ島の『山』といえば
ハレアカラ国立公園。
c0177671_63856100.jpg

これはマウイ島の一番高い山で標高約3000m。
噴火口が大きな口をあけた頂上には、車で行けちゃいます。

山頂の天文台。(残念ながらここには入れません)
c0177671_740859.jpg


c0177671_6494079.jpg

こんな山道をひたすら登っていくのですが、(車で)
途中霧がすごく濃くなって、
あれ?こんなに天気悪かったっけ?なんにも見えないかもね・・・。
と、いいながらのぼり進んでいくと、突然真っ青な、作り物のような空が現れ
私たちを山頂へと誘います。
あの、霧の中と思っていたのは雲の中だったのですね。

山頂が近くなるとと同時に途中の山道に茂っていた植物が急に姿を消し、
代わりに不思議な、さまざまな高山植物が現れます。(あ、写真がない・・・)

そうそう、山頂付近に行くと雷鳥のような鳥が、車道を悠々と歩いているのでひかないように注意です。
たしか鳥の名前はNene。
c0177671_73411.jpg


ハレアカラ山頂に小さな小屋のようなビジターセンターがありますが、
3時で閉まってしまうので注意。
早めに行った方がいいですね。(私たちもギリギリでした)
c0177671_7562451.jpg


ちなみにこれは飛行機の窓から見たハレアカラ。
c0177671_7524661.jpg


マウイ島のなだらかで美しい稜線を形作っている山は
火山が作った芸術ですね。
c0177671_752563.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
よろしければ上のバナー(海外駐在妻・北米旅行)をワンクリックで1票お願いいたします。
(ブログ村ランキング参加中なのです。)
クリックするとその先に、他の人気ブログがみられます。

次回はハワイ島の山、キラウエアとマウナケア。
[PR]
by yumi_nyago | 2009-06-17 06:19 | ワイハ。

すっかり休んでしまいました。・・・の巻。

去年の8月末からブログを始めて、今まで
旅行に行っているとかの理由もなく、1週間もブログを休んだことはなかったのですが
このたびすっかり休んでしまいました。
そのあいだせっかくのぞいてくださった方、すみません。

実は、旅行から帰ってきてぐったり疲れがでた事もありますが、
そのハワイ旅行に行ってるときに、ちょっと負傷と言うほどではありませんが
イタタタ・・・があって、椅子に長いこと座っているのがつらいので
パソコンに向かうことを避けておりました。
しかも写真の整理や話題たくさんの旅行話をまとめようと思うと、いっぱいあって
なにから手をつけていいのかわからず、気が遠くなり、
いっそのこと何もなかったことに・・・にしてしまっていました。
デジカメの写真をPCに落とすことすら、1週間もしていないのは
ブログ始めて以来の、怠けぶりでした。

しかし、そうはいってもすばらしい景色や、貴重な経験をなかったことにはできないので
今回の旅行記はごく簡単にまとめようと思います。

そのまえに、
なぜ、イタタタ・・・なのかを、聞いてください。

あれはハワイ島のドライブ途中に立ち寄った、ブラックビーチという、そのままですが真っ黒い砂と火山特有の岩場のあるビーチでの出来事。
c0177671_5325454.jpg

そこはウミガメが姿を現すところで、保護されているのでさわることはできませんが
ちょうど私たちがいるときに、岩場にやってきたのです。
これは!と思い
岩についている藻をむしゃむしゃ食べているウミガメの写真を撮っているとき・・・
c0177671_5341166.jpg

c0177671_5343182.jpg


あ、あそこにも泳いでるよ!・・・という旦那の指先を目で追い、
どれどれ・・・どこ?・・・と、大きな波を避け、後ずさりしているとき
かかとに岩の感触があるとともに、後ろにすて~ん!
この重い体重で尻餅をついたところは、運悪く、△の岩がふたつあるところで
そこにまともに尾てい骨を打ち付けてしまったのです。
で、波で服は濡れるし、カメラを持ったまま手をついたので、(防水でよかったけど)
シャッターのところがゆがんで開閉がしなくなるし、
さすがにカメラも心も凹みました。

2か所イタタタ・・・のうち、ひとつはおしりのほっぺが青くなる程度でしたが、
もう一つの尾てい骨直撃のところは、
その直後から2~4日は、車に乗っているときのちょっとした衝撃や
飛行機の予想できない揺れのたび、「ウッ!イ~~~っ・・・」っと、顔をゆがめていました。

んでもって、さらに運悪く、その後予定通り行ったところが、
キラウエア火山のなごりを間近に見るところだったので
途中の道が、普通以上にガタゴトガタゴトと車が揺れ
いつもの私なら「いえーい!」とはしゃぐところでしたが、
さすがにこのときは手を踏ん張って、おしりを浮かし「ウッ・・・」と耐えていました。
しかもレンタカーは軍用みたいな仕様のジープでシートは堅いし。
あれが、きっととどめだったな。

でも、旅行中は同行の方にいたわられ、車の助手席を譲ってもらい、
なんとか楽しく旅行を終えることができました。
まさに私の不注意によるものなのに、いたわってくれた皆さんありがとうございました。

あれから1週間以上たち、ずいぶん前ほど「ウッ・・・」と顔をゆがめることはなくなりましたが、
いまでも、何をしていても痛く、特に立ち座りはゆっくりと様子を見ながら・・・という
情けない状態です。
ひびでも入ってるのかなあと思ってしまいます。
かといって、あまり痛がると、病院に行けといわれるし、それも恥ずかしいし
たとえヒビがはいってたとしても、ギブスとかもしようがないですしね。
それだったら、しばらくは黙って静かに様子を見ようと思います。

ハワイ旅行記がいきなり負傷記から始まり、なんですが
明日からは簡単に旅行記まとめます。

・・・・ほんとか?わたし。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
よろしければ上のバナー(海外駐在妻・北米旅行)をワンクリックで1票お願いいたします。
(ブログ村ランキング参加中なのです。)
クリックするとその先に、他の人気ブログがみられます。
[PR]
by yumi_nyago | 2009-06-16 13:08 | ワイハ。



アメリカ駐在会社員の妻が日々格闘する、はちゃめちゃライフ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
ブログパーツ
同盟バナーご協力を白長同盟バナー猫中動
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧