猫も杓子もアメリカ生活

<   2009年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

更新・・・の巻。

昨日のブログにも書きましたが、もうすぐ日本に一時帰国するのですけど
日本に帰ったらしなくてはならないことが二つ。

2年半ぶりの健康診断と、日本の車の運転免許の更新。

健康診断は、それはそれで恐怖ですけど、
それよりもなんとなく面倒なのが運転免許の更新。

更新というか、実はもう失効しているのです。
本当は去年の春までに更新しなくてはならなかったのですが、
免許の更新のためだけに、日本に帰る費用と時間がもったいなかったので、調べたところ
海外にいるとか病気とかで、やむを得ず失効してしまった場合は
次に帰国したときに、5000円ちょっとの手数料といくつかの書類をそろえれば
あらためて免許を発行してくれるとのことでした。
この必要書類とかは、どうやら県によってずいぶん違うようですけど。

何しろ日本に住所が無いわけですから、
ある意味、どこで更新してもいいわけですよね。
ですから、田舎ものの私は、どうせなら都会の住所で更新するために
(その発想が田舎もん)
東京都心に住む親友に住所を借りようとも思い、
きっとその友達もこころよくいいよ!と言ってくれるような気がしたので(聞いてないけど)
手続きをいろいろ調べてみたのです。

で、東京は他の地方の県に比べると、割と手続きが簡単で、「よし!」と思ったのですが
やはり、よくいろんな事を考えると、
親兄弟の住所にしておく方が何かといいような気がしたので、
結局、主人の実家のあるところで更新することにしました。

それと、詳しくはわかりませんが、聞くところによると新しい運転免許には住所が掲載されないとか?それっていつからなんだろう。

まあ、そういうわけで、主人の実家の母には、私の前の住所があった市町村に
住民票の除票を取り寄せてもらったり、
一時帰国の住まいはここですと、証明するための書類準備に足を運んでもらったりと
私自身より、めんどうな思いをさせてしまっているわけです。
で、本人は実家についた次の日に免許センターに行くだけ。と。

準備の段階でもそんなわけで大変ですし、
当日も免許センターで講習とか、なんやかやと貴重な一時帰国の期間に
こ一日かかるので、できれば行きたくないのですが
このやむを得ない事情で失効してから、そのあと手続き出来る機会があったにもかかわらず、そのときに手続きしないとなると、
次の時では完全に失効し、もっと大変な面倒なことになるようなので
今回は主人の母に事前に走り回ってもらうことになりました。
特にその県はなんだか、細かくてうるさいです。

まあ、これが自分の身分証明書になるわけですから、しょうがないのかな。
それにしてもこの通信技術が発達した時代に、
しかも住基ネットとか出来たにもかかわらず、
前に住んでいた市町村に郵便を送って、書類を取り寄せたりしないとダメだなんて
なんとなく機能がうまく出来てない気がしますね。
なんかこう、免許の番号をPCに入れると情報がパパパッと全て出てくるとか
あとは本人確認さえ出来ればいいんじゃないのかなあ。なんでなんだろ。
・・・と、ふと思ったりして。

というわけで
海外駐在のみなさん、免許の更新は忘れずに。
お問い合わせは各地域の警察署または、免許センターまで。
(回し者ではありません。)



にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
よろしければ上のバナー(海外駐在妻・北米旅行)をワンクリックで1票お願いいたします。
(ブログ村ランキング参加中なのです。)
クリックするとその先に、他の人気ブログがみられます。
[PR]
by yumi_nyago | 2009-01-31 10:59 | アメリカ生活のいろいろ

なぜ増える・・・の巻。

なぜ増える・・・?
といえば、昨日のブログに書いた、植木鉢に埋まってる謎のピーナッツですが
今朝も、また増えてました。

きっと、どこかのやさしい方のおうちでもらってきたピーナッツを
リス君達が植木鉢の軟らかい土に、毎日毎日埋めて保管しているのでしょう。

まあ、それはいいとして。

私にとってもっと重大な増えては困るもの、
た・体重です。

2月に日本に一時帰国が出来るので、それまでに少しは痩せなくては
このまま日本に降り立つと、他の日本の一般的な女性に比べて
おそらく2まわりから、3まわり、もしかしたらそれ以上大きいので
2週間のうちにマジダイエットを取り組もうと決意したわけです。

そんな折、ためしてガッテンで“低カロリーダイエットの間違い”をやっていて
炭水化物ぬきダイエットとか、これだけ!とかのダイエットが、いかに逆効果かというのがわかりました。

詳しくはこれ。↓
低カロリーダイエット 成功と失敗の分岐点

なんとタイムリーな情報!とその日から私は、バランスのよい食事を目指して
タンパク質、糖質の摂取量の目安表をキッチンに貼り、野菜たくさんの生活をはじめました。

で、更にこれもためしてガッテンでちょっと前にやってた、「脳をだます楽々筋トレ」も平行してやってたんです。

で、3.4日後、2kgぐらいグンと落ちたんですよ。
おおおおおー!これはいいぞお!
この食事ならホントに飢餓感も無く痩せられる!

・・・と、希望がわいてきた矢先、昨日からまた元通りに戻っているではないか???
あの、一瞬希望がわいたのは、なんだったんだ?
きっと身体が、元の重さに慣れていて、何とか元に戻そう戻そうと、
私の足を引っ張っているのだ。

はやくも 「まー別にいっか。」の精神が更に私にささやき、今、弱い心と闘っているところです。
いくら野菜はどれだけ食べてもいいとは言え、お菓子はだめなのよね。

今、日本に帰ったときのために旅行雑誌を色々見ていると
日本っておいしいものがたくさんあるじゃないですか。

ふと、ロールケーキが目について・・・
ああ、ロールケーキ、ロールケーキ、ふかふかでやさしい味のロールケーキ・・・と
食べるまで私を許さないロールケーキ。

とはいえ、幸いこのあたりにはおいしいロールケーキを買うところもないし
作ってまで食べることもないので、このまま忘れればいいんですけど、
作ろうっかな・・・と、今生クリーム買いに行くか行かぬべきか・・・と。
自分で作れば安心だし・・・と、
ワケのわからない自分への説得を、何者かがささやくのです。

でも、だめだめ。
日本に帰ったら、健康診断もあるし、日本の洋服も買いたいし。

いずれにしてもこのままでいいはずは無いんだから。
ここまでなる前に、どうして5年なり10年なり前に努力をしておかなかったのか・・・。
自業自得とはまさにこれ。
今まで、のんびり楽しながら、おいしいものたくさん食べて、
おいしいお酒をたくさん飲んだから。

でもこれからは見た目だけの問題ではなく、健康のためにも
意識をしなくてはいけないです。


それにしても久しぶりの日本。たのしみだなあ。

買いたいものもたくさんあるし。薬類とか、日用雑貨とか。
今まで使っていた化粧水や乳液、クリーム類も、
大切に大切に、爪に火を灯すように使っていましたが、
日本に一時帰国出来ると知ってから、たーっぷり使ってます。
ちょうど最後の一本ずつだったし、助かった。
こっちで売ってるのは匂いのきついのばっかりで、具合が悪くなるので
どうしようかと思ってました。


普段は別に、長い人生の中で2年やそこら日本に帰らなくても平気!と思ってましたが
やっぱり帰れるとなるとうれしいもんです。

ただ、帰ったときに、周りの細くておしゃれで、きれいな日本人のお姉さん達に
劣等感を少しでも持たないために、(いまさら遅いけど。)
今は、健康的なバランスのよい食事で、(ビールもなしで)
克己しなくては。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
よろしければ上のバナー(海外駐在妻・北米旅行)をワンクリックで1票お願いいたします。
(ブログ村ランキング参加中なのです。)
クリックするとその先に、他の人気ブログがみられます。
[PR]
by yumi_nyago | 2009-01-30 04:54 | アメリカ生活のいろいろ

やっぱり君か・・・の巻。

去年の秋に植えたチューリップの球根。
この間、ふっと見たら、何者かが土を掘り起こしているだけではなく
なぜか代わりにピーナッツを埋めているではありませんか。
????
どこからこのピーナッツが降ってきたのか・・・。

せっかくチューリップの芽が出始めているというのに。
c0177671_658695.jpg


まあ、なんとなく誰がやったのか、思い当たる節はあるんだけどね。



で、今日、目撃しました。
c0177671_705552.jpg


ごそごそやってるのが目に入り、あわててカメラを取りに行って戻ると
ぴゅーっと逃げ、
c0177671_732352.jpg


しばらく遠くで、こちらの様子を伺い、
c0177671_74820.jpg


「おいら、知らないよ。」って顔で、ちょっとずつ、ちょろちょろしながら、
c0177671_744513.jpg


また、帰ってきました。
c0177671_753638.jpg


写真には一匹しか写せませんでしたが、
2匹が交代交代に来ているのも、発見しました。

むむむ・・・。

いつもお世話になっている近所の奥さんは、
そういうこともあろうかと、土の上に石を並べて保護していました。

ものぐさな私は、まあいいか・・・と、そのままにしておいたから悪いんですけど。
まあ、リス君達の食品庫として、うちの植木鉢を使ってもらおうか。


それにしても、りすって冬眠するんじゃなかったっけ?
秋口にすごく忙しそうに走り回ってたから、ああ冬眠の準備かな・・・と思っていたけれど
ずーっと関係なく、この子らったら、走り回っているのよね。

すごい、でっかいし・・・。


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
よろしければ上のバナー(海外駐在妻・北米旅行)をワンクリックで1票お願いいたします。
(ブログ村ランキング参加中なのです。)
クリックするとその先に、他の人気ブログがみられます。
[PR]
by yumi_nyago | 2009-01-29 07:14 | アメリカ生活のいろいろ

ちぇんじ どっと ごぶ・・・の巻。

オバマ大統領の話題が連日続きますが、
日本の政治のなんだかモヤモヤした話題に比べ、
オバマ大統領のテキパキとしたチェンジが気持ちがいいものですから
またもや話題にしてしまいました。

で、オバマ大統領が今何を手がけて、どういう方向に向かおうとしているのか
どういう風に国民の意見を取り入れ、
国民はどのように参加していったらいいのか
そういうことが明確にわかるウエブサイトがあります。
これ↓
change.gov

ここにはオバマ大統領のメッセージの動画、
閣僚のメッセージの動画や政策の内容、その人を支える組織
最近行われたこと、いろいろなスタッフやミーティング風景の動画、
それに対する意見を書き込めたり
かなり国民に近く、開かれた政府だということを感じさせてくれます。

なんてったって、全部(もちろん)英語なので、英語の勉強にもなります。
オバマ大統領の話している動画は、
内容が文章でも書かれているのでわかりやすいです。


で、最近はオバマ大統領の事を聞かない日はないのですが
         (ブッシュ大統領の時は、あまりテレビでも見なかった。)
それに加え、私も流行に乗ってオバマ演説で英語の勉強をはじめました。

前にもいちど気に入っている英語勉強サイト、『i know』 の事を書きましたが
そこに、オバマ大統領の演説で単語やフレーズを覚えるコースが新しく加わったので
やってみました。

通常私がやっているコースはTOEICコースなのですが
ゲーム感覚で単語を覚えたり、音声で聞いた文章をキーボードでタイプするのとか
時間制限があったり、結構集中せざるを得ないので、ほんとゲームみたいだし
負けず嫌いの私は、いまだに飽きずに続いています。

新しく加わったオバマ大統領演説コースは
その全く同じ形式で、流れる音声がオバマ大統領の演説の一部をそのまま
本当の声なので、あの独特の間の取り方とか
これはこれで、おもしろいのです。
演説をテレビで見たり、訳をネットで見たりしていたけれど
本当はこういう意味だったのか・・・とあらためて知ったりしています。
ちなみに勝利宣言バージョンと、就任演説バージョンの両方あります。

興味のある方はのぞいてみてちょ。
i knowは学習記録を残せる機能付きなので、会員登録(無料)が必用だけど
お試しも出来るので、よかったらどうぞ。

あ、決して私はそのサイトの回し者ではありません。
もちろんChange.govの回し者でも・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
よろしければ上のバナー(海外駐在妻・北米旅行)をワンクリックで1票お願いいたします。
(ブログ村ランキング参加中なのです。)
クリックするとその先に、他の人気ブログがみられます。
[PR]
by yumi_nyago | 2009-01-28 06:39 | アメリカ生活のいろいろ

リトルホワイトハウス・・・の巻。

オバマ大統領が就任されてから、彼の一挙手一投足が注目され話題になってますね。
すでにいろいろな事に手がけて、ブッシュ政策で続いてきた事をどんどん見直していってると日々ニュースで伝えられています。
きっとこれからもいろいろな影響を及ぼしていくのでしょう。
もちろん、いい方向に。・・・と信じたいです。

長い歴史の中で、日本は何度もアメリカの影響を強く受け
良くも悪くも変わらざるを得ない事ってありましたよね。

大きいことでは
江戸時代260年近く独自の文化を守り、鎖国していた日本が
ペリーの来航によって開国せざるを得なくなったこと。
まあ、それがきっかけで日本にも近代文明が入ってきたのですが。

第2次世界大戦では原爆を投下され、降伏、戦後GHQによる支配、そして復興。

戦後は経済でも何度も影響を受け、今もなお。

詳しいことはわからないので、多くを書かない方が良さそうですが、
なんだか節目節目にアメリカが日本にかかわっているような気がします。

その、日本にとってとんでもなく凶のアメリカ大統領だった人のひとり、
第33代大統領トルーマン。
c0177671_6335845.jpg

そう、この人ですよ、広島と長崎に原爆投下を許可した人。

実はこの間行ったフロリダ旅行で、キーウエストに行ったとき
この人にちなんだ施設が残っていたので行ってみたんです。
c0177671_6355186.jpg

これがキーウエストにあるリトルホワイトハウス。

今はここのエリアはTruman Annexという名前で、住宅地になっており
その中の一部の建物がリトルホワイトハウスとしてミュージアムになっていました。
c0177671_6412696.jpg


中は、無料の展示コーナーと、有料のミュージアムがあります。
これは、無料の展示コーナー。たくさんの写真や映像がありました。
c0177671_648618.jpg


私は無料の展示コーナーをみているだけで、トルーマンへの賞賛ぶりが
ムカついてきたので、お金を払ってまでみてやるもんか!とすぐ出てきてしまいました。

驚くことに歴代大統領のランキング5位に、トルーマンがいるのです。
c0177671_647844.jpg

そりゃあ、アメリカでは、悲惨な戦争を終わらせ、戦後処理をやった、そして
マーシャルプラン、北大西洋条約機構結成、挑戦介入、貧困の克服を目指すフェアディール政策と、たくさんの困難を乗り越え、事をなしてきた勇者でしょう。
でも、日本人にとっては複雑です。

戦争中にこの素敵なキーウエストでバケーションをしながら、指示を出していたかと想像するだけで、勝手にすごくいやな気分になりました。

そもそも、このリトルホワイトハウス、展示の説明によると
1890年に建てられ、司令官と主計官の家族の住居として使われていたそうです。
それが1911年に改装され大統領の別邸になり、ハワード大統領が訪れたそうです。
そしてその頃、エジソンもここに6ヶ月間滞在し、41種類の新しい武器を発明したんですって。

その後第一次世界大戦などを経て、時は流れ、太平洋戦争がはじまり
1945年、ルーズベルト大統領の死により、副大統領だったトルーマンが大統領に昇格。

トルーマンがこの別邸でずいぶん過ごし、軍の施設としても機能したようです。

その後、1955年、アイゼンハワー大統領が心臓病の療養に使ったり、
1961年にはサミットで使ったりと、時代を経るにつれ、いろいろな役割を果たしたんですね。

1973年にTruman Annexというふうに呼ばれるようになり、
翌年は基地としての機能を閉鎖したそうです。その後12年は空き家で放置されていたとか。

そして、一般に売りに出されたことがあったけれど、結局フロリダ州の所有になり
今のようにトルーマンや戦争、歴代大統領について象徴する建物として公開されているんですね。

カーター大統領や、クリントン夫妻もここで過ごしたことがあるそうです。
c0177671_7304571.jpg


で、2001年にはピースサミットが行われたんですって。
これはその名残。
c0177671_734145.jpg
c0177671_734836.jpg



私は、日本の歴史の本を読むのが大好きですが、
正直アメリカに来なければ、アメリカの歴史など、全く興味がありませんでした。
でも、いろいろなところに行くと、ネイティブアメリカンの暮らしや迫害された様子、
ヨーロッパなどから、新大陸アメリカに渡ってきて苦労した人たちのこと、
ボストンやNY方面から西側に最初に探検に来た人たちの話、
ゴールドラッシュ、自然破壊と、その保護など、
いろいろな場面でそういう話に触れ、
今回は歴代大統領について少し興味がわきました。

で、今回のオバマ大統領就任で、黒人大統領がいかに意味があることかは
今回のいろいろな報道で耳にしますよね。
昔、奴隷として連れてこられた黒人の人たちの過酷な歴史について
知っているようで知らなかったこともたくさんあるし。

歴史を知るということは、今、そして未来のためにどうするべきかを考えさせられます。
別に、政治家でもないし財界人でもないから、
私がどう考えようと世間には影響が無いけれど
普段の生活の中で、ちょっとした判断の時に、偉人達の言動が助けになったりします。
大昔も、今も、人間はそれほど変わってないから、歴史は繰り返すんですよね。
だから、いろんな事をこれからもっと知りたいと思う今日この頃です。


・・・あ、でもすぐ忘れるんですけど・・・。


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
よろしければ上のバナー(海外駐在妻・北米旅行)をワンクリックで1票お願いいたします。
(ブログ村ランキング参加中なのです。)
クリックするとその先に、他の人気ブログがみられます。
[PR]
by yumi_nyago | 2009-01-27 07:53 | フロリダ旅行

スーパーで気づいたこと。

最近、学校も休暇中だし、行くところがスーパーマーケットしかないという寂しい私ですが、
最近、そのスーパーマーケットでふと気づいたことがあります。

その1.
マイバッグを持ってくる人がすごく増えたみたい。
ちなみに私はマイバッグと言ってますが、要するに自分の袋を持って行って
レジ袋いりませんっていうやつ。
(あ、わかってるよって?すみません。)

どこのスーパーマーケットでもそのお店独自のマイバッグがあるのですが
よそのスーパーのバッグでも気にせず、なかには何度か使ったくしゃくしゃの紙袋を持ってくる人も見かけます。
意外とみんなやるなあ!と感激してしまいます。
なんでって、あれだけ紙皿や紙コップを浪費して、家でやるパーティーとかでも
使い捨ての食器を使うような人たちが、少なからずエコロジーを気にしていたんだなあとわかって、なんかすごいすごい!みたいな。
単純に家のゴミが増えるのがいやなだけかもしれないけれど、
それでもいいじゃないですか。
しかも、空き瓶みたいにリサイクルにスーパーに持って行けば5セント返ってくるとかじゃなく、お店のマイバッグをもってったからって割引になるわけでもなくですよ。

割引どころか、いつも行く、スーパーマーケットではマイバッグを持って行くと
お店側が本来提供するレジ袋代として10セント分どこかに還元すると言うことで
「寄付する先をこの選択肢から選んでください」と言われます。
(たぶんそういう意味だったと思います。自信ないですが。)
自分にチャージすることもできるって言ってたけれど
ちょっとそうしてくださいとは言えないですよね。たった10セントだし。
1割とかだったら、間違いなく、自分に!と言いそうですけど。
この袋代分寄付って、すごくいいアイデアですよね。

私もいろんな大きさの、いろんなマイバッグをいつも車に積んでますが
一番気に入っているのが、日系スーパーマーケット宇和島屋の80周年記念バージョンの派手なヤツ。
100ドルお買い上げにつき1枚貰ったやつで、これが、どこのスーパーのレジのお姉さんにも「いいバッグね。」「いい色ね」と言われるので、おもしろいのでいつでもどこにも持って行きます。
そのたびに「日系のスーパーなんだ。」と無意味な自慢をしたりして。


気づいたこと、その2.
アメリカのスーパーマーケットのショッピングカートをはじめて見たときは
その大きさにびっくりしていましたが、
最近、小振りのカートを置くお店が増えてるんですよ。
さらに、それこそ、よく行くスーパーでは普通の買い物かごの深めのような形なんだけど
脇の取っ手を引っ張ると、すーっとのびて、カゴのそこにコロがついているので
引っ張って歩けるというのも出現しました。

前はスーパーによっては普通の買い物かごさえ無く、大きなショッピングカートに
にんじん1本入れてレジに行く・・・・ということもあり得たし、
それもなんなので、余計なものも買ってしまったり・・・みたいな事態でしたが
もうそんな心配はいらなくなってきたのです。

でも、そう。これが普通だったはずなんです。
もしかしたら小振りのカートも日本のスーパーのより大きいかもしれませんが
それでも、変わる第一歩です。

消費大国アメリカ、大きいことはいいことだと思っていたアメリカ、
そんな価値観も少しずつ変わっているんだなあと思ったスーパーマーケットの一面でした。


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
よろしければ上のバナー(海外駐在妻・北米旅行)をワンクリックで1票お願いいたします。
(ブログ村ランキング参加中なのです。)
クリックするとその先に、他の人気ブログがみられます。
[PR]
by yumi_nyago | 2009-01-25 08:12 | 主婦の毎日

エバーグレーズ国立公園その4・・・の巻。

フロリダ旅行の目的のひとつでもあった、エバーグレーズ国立公園。
3か所から公園内にアプローチ出来るのですが、
一番癒され、興味深く、大湿原を勉強できたのはシャークバレーからのトラムツアー。

シャークバレーはフロリダ半島を横切る国道I-41号の中程から、ちょっと入ったところ。

ここのビジターセンターに付くまでは国道の北側にいろいろな観光客用のお店があって
派手な看板にエアボートの宣伝がしてある。
このエアボートツアーは、実際はエバーグレーズの外側で、国立公園ではないので注意。
しかも、このボートは船の後ろに大きな扇風機みたいのをつけたヤツで
ものすごい音で湿原を疾走するので、動物を驚かすし、植物も痛むので
国立公園の中では禁止されてるんだって。
よく、映画とかでみたことある乗り物なので、興味はあったけれど
決して自然によいものではないようなので、乗りませんでした。

さらにシャークバレーのビジターセンターのすぐ近くにワニのショーが見られるところが。
なんで、そういう施設を作るのか・・・。
せっかくの大自然の前なのだから、そういうの必要ないように思えたんだけど・・・。

実際シャークバレーに着くと、いきなり大きな野良ワニが道路脇にいた。
c0177671_1010879.jpg


で、私たちは最初、シャークバレーのビジターセンターで自転車を借りて散策しようと思ったのだけど、レンタル自転車を待っているお客さんがすごい人数で、いつ借りれるかわからなかったので、トラムツアーに参加することにした。
$15.25 で、約2時間。1周24km。
おじさんが丁寧に、説明しながら回ってくれる。
こんなバス。
c0177671_1082778.jpg

30分おきに出発するので、指定の時間まで近くを散策。
この水路沿いの道路を、これからバスでいくのだ。
c0177671_1091123.jpg

こう見たところでも、ワニが最低3匹いるのわかります?

この道を歩く人、自転車の人、いろいろ。
ワニたちは、じーっと死んでるようにひなたぼっこしていて、
人間が近くを通っても、全く動かず。
でも、動くときは時速30kmで走るんですって。

この水路にはいろいろな種類のたくさんの魚。
c0177671_10204781.jpg


水辺にはそれをねらっている鳥たち。
c0177671_1021339.jpg

この鳥は、この直後、目にもとまらぬ早さで、水に頭をつっこみ、
大きな魚をGet。ゴクッと丸呑みしてました。

他にはこんな鳥とか、
c0177671_10231252.jpg


あんな鳥とか、
c0177671_10235743.jpg


こんなかわいい花と、鳥。
c0177671_1024207.jpg


時間があるので、ワニを観察。
まず頭。
c0177671_10252754.jpg


堅そうな、ギザギザしっぽ。
c0177671_10253887.jpg

うー!さわってみたいけど、だめよね。・・・断念。 自然はそのままに!

おまぬけな後ろ姿。
c0177671_10262964.jpg


歯。こんなに近づいて、ごめんなさい。
c0177671_1028770.jpg


散策トレイルを発見。
・・・しかし、ワニが通せんぼ。先には進めませんでした。
c0177671_10322825.jpg



時間になったので、お客さんびっしりのトラムに乗って、出発!
c0177671_10173953.jpg

自然を守るためにたくさん注意事項がありました。
やっぱり、こういう場に来て、直接自然が脅かされている現場を見たりすばらしさを見ると、本当に大切にしなければと思います。

基本的にはトラムに乗ったまま、説明を受けてツアーするのですが、
何度か降りて、植物や、地質、生態系、問題点、歴史、などを教えてくれたり
質疑応答してくれました。
c0177671_1035148.jpg


で、珍しい鳥がいたり、いい景色のところでは止まったり、ゆっくり走ってくれたので
写真をビシビシ撮ることが出来ました。

次の写真の白い木は、小さくて枯れているように見えますが
実は、大きい方で約80年、小さい方でも30年かかってここまで成長したそうです。
c0177671_10353467.jpg

なんでも、地質が堅い石灰岩がすぐそこにあり、根を張れず、大きくなれないんですって。

約一時間走ると、目的地の展望台へ。
c0177671_10421010.jpg

大自然の中に、これひとつだけ、観光客のための建造物。高さは13.7m。
地平線、水平線を360度見渡すことが出来ました。

上からの景色。南東側。
c0177671_1045672.jpg


南西側。
c0177671_1056135.jpg

双眼鏡で見ると、ずーっと遠くにマイアミのビル群が見えました。

帰り道でもいろいろな鳥や植物に出逢えました。
これは、巣の上で子育て中の鳥。
c0177671_10463051.jpg


こんな鳥も。
c0177671_10481751.jpg


子育て中のワニ。
c0177671_10483759.jpg

ちっちゃなワニが2匹、お母さんに寄り添って・・・。

二匹かと思いきや。
c0177671_10484922.jpg

よく見たら、9匹ぐらいいました。

ここは、ほとんど終点(起点)近くだったので、バスを降りたあと歩いていって写真を撮りました。

その途中も無数のワニ、わに、鰐。
あんなに会いたかったワニだけど、こうたくさんいると、当たり前になってしまって
帰る頃はもう、ありがたみがなくなってきた。

道ばたには、お花もいろいろ。
c0177671_1051409.jpg
c0177671_10514944.jpg
c0177671_10515652.jpg


たくさん楽しんでまた、夕方。
c0177671_10524943.jpg


夕暮れの湿原を満喫して帰路へ。
c0177671_10525830.jpg


すばらしい自然にありがとう!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
よろしければ上のバナー(海外駐在妻・北米旅行)をワンクリックで1票お願いいたします。
(ブログ村ランキング参加中なのです。)
クリックするとその先に、他の人気ブログがみられます。
[PR]
by yumi_nyago | 2009-01-24 10:58 | フロリダ旅行

エバーグレーズ国立公園その3・・・の巻。

フロリダ、エバーグレーズ国立公園について、
この間は自然破壊についてばかり書いたので、
今日は小さなトレイルコースと、必死に生きる動植物たちについて。

c0177671_10264495.jpg


フロリダシティーから州道9336号を通って、フラミンゴ方面に行く途中
いくつかトレイルコースがある。

道路沿いには木がたくさんあるので、広い大湿地帯があまりよく見えなかったけれど
上の写真の様に、湿地の中にポコッポコッと
小さな小山というか、小さな小さな林が点在する。

湿地の草むらの下、数十センチのところは、堅い石灰石で根を張れないため
大きな木とかは、育たないそう。
そんな状態でかろうじて存在する小さなこの森は、
動物や鳥たちにとって大切な隠れ家になっているということだった。

その一つ、マホガニーハンモックと呼ばれるトレイル。
いろいろな種類の椰子の木や、マホガニーの木が小さなジャングルを作っていた。
c0177671_10362815.jpg

木道の上を歩く。800m。
c0177671_104439100.jpg


マホガニーって高級な家具の材料になったりするので、名前は聞いたことがあったけど
見るのははじめて。
これ。
c0177671_10364054.jpg

貴重な大きなこの木には、フクロウとか、いろんな動物の巣があるんだって。
c0177671_10433916.jpg


これはポイズンウッド。ときどきあるんだけど、毒があるそうで
さわったらかぶれたりするらしい。
c0177671_10382065.jpg

つやつやしてきれいだから、うっかりさわりそう。

遠く鳥が一匹。ごめんなさい、勉強不足でこの鳥君が誰なのかわかりません。
c0177671_10555253.jpg



マホガニーハンモックの他にも大小いくつか同じように木道のトレイルがある。

次はウエストレイクトレイル。
c0177671_10492038.jpg

さっきと同じような光景だけれど、ここは海にほど近い湖に向かうトレイルなので
生えている木が、マングローブなのだ。
c0177671_10485875.jpg


c0177671_10575315.jpg

c0177671_10584930.jpg


木道の上で、トカゲくん、こんにちは。
c0177671_1052658.jpg


そして州道9336号の終点フラミンゴ。
c0177671_1123976.jpg

船着き場にはたくさんのカモメ。

ちょっと離れた小さな島にはたくさんの真っ白な鳥たち。
c0177671_1125033.jpg

彼らにはそこが楽園なんだね。

c0177671_1125754.jpg

海に浮かぶ人工物にも巣を作って、何とか命をつないでるんだなあ。


本当は、このフラミンゴ付近でワニに出逢えるかなあと、楽しみにしていたけれど
残念ながら、会えなかった。

ガイドブックに書いてあったのに会えないということは、
彼らにとって住みにくい場所になったのかなあ・・・
もう、会えないのかなあ・・・とても残念で、あきらめかけていたが
実は次の日行った、シャークバレーには、でっかいワニがそこら中にいた。

シャークバレーについては、また次回、エバーグレーズその4で。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
よろしければ上のバナー(海外駐在妻・北米旅行)をワンクリックで1票お願いいたします。
(ブログ村ランキング参加中なのです。)
クリックするとその先に、他の人気ブログがみられます。
[PR]
by yumi_nyago | 2009-01-23 11:11 | フロリダ旅行

はやっ・・・の巻。

昨日の大統領就任式で、
オバマ氏が神父さんのおっしゃるのを繰り返して宣誓するシーンがあったのですが、
それが今朝のニュースでもう早、パロディーになってる映像が流されました。

どういうのかというと、
オバマ氏が神父さんのおっしゃることを繰り返すのにつまって、
え~っと・・・なんだっけ?みたいな顔で、
で、神父さんも短く言い直して、なんとか終わった訳なんですけど。

私もちょっと気になってたというか、あんなしっかりしたオバマ氏が
あの大事なシーンでつまづいて照れ笑いみたいなのが
なんとも人間らしくて嬉しいというか、おもしろかったというか。

昨日のネタにはあえて書きませんでしたけどね。

やっぱりそこに食いついた人がいるんだなあって、また笑ってしまいました。
さすがだ。常に笑いと刺激を求めるアメリカ人達。
しかも、はやっ。
日本でもノッチあたりがやってるんですかね。
(日本のテレビはNHKしか見られないので、わかりませんが。)

それにしてもオバマ新大統領も夫人も昨日はお疲れだったでしょうね。
夜もいろいろなパーティーを掛け持ちされたそうで。

で、今日もオフィスワークの一日目で注目されてるし。

昨日、演説で感じたのは
政府にばかり求めるのではなく、国民一人一人が、それぞれ自分の利益ばかりを考えずに
自分の責任を果たそう、自分以外の人のことも考えようと言ってるようだったのが
本当にアメリカがそうなれば、すごいだろうなあということ。

だいたい、アメリカ人ってのは一見、慈悲深くしている風な時もよくあるけど
基本的には自分の主張をする、人の事は「I don't care.」 「I don't know.」
というのをよく見てきたので
オバマ氏が言うような社会になるのは大変だと思いました。正直。

でも、最近オバマ氏がボランティア活動をしようと呼びかけたことで
若い人とかも奉仕活動に参加する人がグンと増えたそうで
もしかしたら、変わろうとしているのかもしれませんね。

経済も、地球環境も、外交も、いろいろな分野で、
どうしてもアメリカは世界に影響を及ぼしますからね。

結果が出ることを急がず、地道に確実に、
思いやりを持って、希望を捨てずにやるというのは
私自身も、アメリカという大国も、基本は一緒なんだなあと思いました。
レベルが違うけど。

でも、アメリカという大国も、結局は人の集まりですしね。

こういうときに、このアメリカにいられるのも何かの縁だし
自分自身の事も、社会のことも、じっくり見つめていこうと思います。





追伸。
いつも、いろいろ思うことを好き勝手に書いて
もしかして、私の考え方が間違っていたり、不快に思ったりする方が
いらっしゃるかもしれません。
そうだとしたら、すみません。
弱小ブログなのをいいことに、こうして好き勝手しているわけですが
なるべく自分らしくありたいと思っているのも本当なので
できればご容赦願います。
あ、でも私の成長のために、気づいたことはよろしければコメントしてください。
(関係のないコメント・トラックバックは削除させていただきますが。)

でも、公共の通信にのせるというのは、
いろいろ気をつけなくてはいけないことがたくさんありますよね。
これから、いろいろ慎重にやっていきたいと思います。


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
よろしければ上のバナー(海外駐在妻・北米旅行)をワンクリックで1票お願いいたします。
(ブログ村ランキング参加中なのです。)
クリックするとその先に、他の人気ブログがみられます。
[PR]
by yumi_nyago | 2009-01-22 02:15 | アメリカ生活のいろいろ

オバマの一番長い日・・・の一部・・・の巻。

今日は世界中がおそらくオバマ大統領の話題で
せっかくですから、私も私なりのリポートで便乗しようと思います。
(テレビッ子のリポート。)

今朝テレビをつけると、
いつものローカルニュースのチャンネルがすでにワシントンのライブ中継になっていて、
天気予報も渋滞情報もローカルニュースもなしで、
ひたすら就任式前の様子を流していました。
で、せっかくですから朝7時から10時までずっと録画しました。
歴史的イベントですしね。

c0177671_7481452.jpg

なんと200万人が集ったんですってね。すごい。
このとき西部の我が家で7時20分ということはワシントンでは10時20分。
始まるまでまだまだ時間があるのに、この寒空の中、大勢の人。

中継では、楽団が音楽を奏でたり、いろいろな要人が次々と会場入りされる様子、
そして寒さに震えながらも期待でいっぱいの、街の人々の様子など映し出されていました。

ホワイトハウスからはブッシュ夫人のバーバラさんとオバマ夫人のミシェルさんが一緒の車に乗って会場へ向かい、そのあとブッシュ氏とオバマ氏がともに向かいました。

会場へ向かうオバマ氏の車列と沿道の警備の様子。
c0177671_7492981.jpg


会場に着いたバーバラさんとミシェルさん。
c0177671_804359.jpg

ミシェル夫人はにこやかで、バーバラさんにもとても気を配っていた様子ですが
私の気のせいかもしれませんが、バーバラさんはあまりミシェル夫人を見ることもなく
ちょっと、ツンッ!な感じがしました。がんばれミシェル!
c0177671_871265.jpg

(下世話な心配でした。)

ブッシュ、オバマ両氏も議事堂に着きこういうルートで会場入りします。
裏口に車で到着し、
c0177671_822288.jpg

ホールを通り抜け
c0177671_824253.jpg

人々が待つ正面ステージへ。
c0177671_825398.jpg


会場では音楽が鳴り響き、旗が掲げられ、テレビからも高揚感が伝わってくるようでした。

そうこうしているうちに、Ladies &Gentlemen!のアナウンスとともに
39代カーター大統領夫妻登場。
c0177671_8204258.jpg


続いて41代大統領、父ブッシュ夫妻
c0177671_818844.jpg

父ブッシュは、杖をついてヒョコヒョコ歩いていて、カーター大統領より年とって見えました。

そして、42代大統領クリントン氏とヒラリー議員。
c0177671_8181753.jpg

やっぱり、なんか、ヒラリーさんの方が貫禄ありますよね。

そんなとき、ホワイトハウスでは、オバマ家族の引っ越し荷物が運ばれていたそうです。
c0177671_8284972.jpg


荷物の持ち主達はみんな会場入り。
c0177671_830794.jpg

オバマさんの娘さん達も、なんだか聡明な感じですね。
おでこが広くて、頭良さそう!
いいなあ。

そして、ブッシュとその閣僚達は皆一緒に紹介され、会場へ。

で、新閣僚に続き、お待ちかねオバマ氏。
Ladies&Gentlemen・・・・のアナウンスで一斉に声援が大きくなり、
威厳のある音楽とともに入場。

全員着席すると、
進行役のダイアンさんという議員の方が
Ladies&Gentlemen, Welcome to the inauguration of the 44th president of the United Staes of America.
The world is watching today as our great democracy engages in this peaceful transition of power. Here on the national mall where we remember the founders of our nation and those who fought to make it free.  
We gather to catch another live in the solid stone of history.
・・・・・と、その後更に続くのですが、いかにこの瞬間が偉大なるChangeの始まりであるかを述べて式典が始まったのでした。

うまいんだよ。アメリカ人ってみんな。
なにがって、演説が。普通の人もうまいんだよね。
この方は議員だから当たり前だけど、なんて言うか、
うえーるかむとぅーざ・・・っていうのから始まって、
イントネーションとか間とかがね、人を引き込むというか・・・。
そういうのって、子供の頃から培ったカンみたいのがあるのかなあ。
あと、英語の魔力って言うか、日本語だと臭くてわざとらしいことも
もっともらしく、感動的に聞こえるのよね。国民性だな。

と、私のぼやきはおいといて・・・
つづいて、The inaugural invocation(開会の祈りの朗読)
そのあと、黒人女性の歌手による歌。

また、同じようなことを言いますが、
アメリカのいろいろな式典って、なんだかすごく感動的な演出ですよね。
式典に限らず、メジャーリーグの試合の開会式も毎回そうだし、
年末のカウントダウンとか、学校とかのイベントとか・・・。
音楽と、上手な司会と、映像とか、飾り付けとか、なんかドラマチック。

今回も下の写真の歌手による伸びやかな歌声と、
テレビに写る映像には民衆と、たなびく旗。涙を浮かべる観衆。
アメリカの歴史になんの関係もない私も、うっかりうるっとしてしまうのだ。
c0177671_8302218.jpg

c0177671_8423674.jpg



つぎに、副大統領のバイデン氏の誓い。
c0177671_8425777.jpg


すぐにオバマ氏の誓いと思いきや、今度はピアニストGABRIELA MONTEROと
チェロ奏者のYO-Yo-MAのセッション。

で、お待ちかねオバマ氏の誓い。
c0177671_9323088.jpg

見えにくいですが、オバマ夫妻は一緒に持っているバイブルは、
リンカーンがかつて、使ったものだそうです。

オバマ氏をやさしく見つめるミシェル夫人。
c0177671_9323954.jpg


Congratulations! という神父さんの言葉とともに新大統領誕生!
c0177671_9325390.jpg


楽団によるマーチ、大砲を撃ったドドーン、人々の拍手喝采。

c0177671_103203.jpg

そして、世界中が注目した、オバマ氏の演説でした。
この内容は、ニュースでもやっているので省略しますが
やはり、オバマ氏の演説は力がありますね。
目線、口調、早さ、間、誠実そうな雰囲気・・・すべて計算し尽くされた感じがします。

ところで、今日本ではオバマの演説が英語のテキストになって、流行っているそうですよね。
すごく、いいと思う。
英語だけでなく、スピーチのコツを学んだら、いろいろ役に立ちそう。


オバマ大統領の演説が終わると、一般市民は帰っていく人も多いようでしたが
その後、祝辞、詩の朗読と続き
最後に国歌斉唱。
c0177671_104138.jpg

c0177671_1042977.jpg

この国歌斉唱が、メジャーリーグを見に行ったときも
ほんと、うっかり、アメリカ人でもないのに感動するのよね。
で、・・・はっ!と我に返り、
なにが、Land of freeだ! なにが Home of braveだ!
えらそーに!原住民だった人たちを追い出して今の君たちの生活があるんだぞ!
今だって、いろんな国に迷惑かけやがって、と、心の中でキレるのでした。
c0177671_105677.jpg

ところで、この国歌の歌詞の字幕・・・最後に?が付いているのはなぜだろう。


そんなんで、式典が一通り終わると、
ブッシュ家族はこのままヘリコプターでテキサスに帰るので
オバマ夫妻は見送りに。

最後の4ショット。
c0177671_1073183.jpg


ヘリの前まで。
c0177671_1093576.jpg


ばいばい!ブッシュ。達者で暮らせよ。
c0177671_10101062.jpg



その後オバマ氏は議事堂のホールを通り
c0177671_10103118.jpg


一番奥の大統領のオフィスへ。
c0177671_10111746.jpg


僕って、左利きなんだよね。
c0177671_10124272.jpg


就任最初の仕事。
c0177671_10121198.jpg


そうして、この中継は一時終了したのでした。

夕方、パレードがあったみたいですね。
さすがに、一日テレビを見ているのもなんなので、見ませんでした。

でも、このブログに乗せる写真を選ぶのに、録画したのをもう一度見たりして
結局今日はオバマ漬けでした。

さっそく、演説の内容を調べてプリントしましたしね。

みんなの期待をこんなに背負って、並大抵の精神力では出来ない仕事ですし、
これから結果が出るのが遅いと色々言われたり大変ですが、
なんとか頑張って、世界をいい方向へ変えて欲しいですね。

すっかり長くなり、今日もすみません。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
よろしければ上のバナー(海外駐在妻・北米旅行)をワンクリックで1票お願いいたします。
(ブログ村ランキング参加中なのです。)
クリックするとその先に、他の人気ブログがみられます。
[PR]
by yumi_nyago | 2009-01-21 10:18 | アメリカ生活のいろいろ



アメリカ駐在会社員の妻が日々格闘する、はちゃめちゃライフ
カテゴリ
ブログパーツ
同盟バナーご協力を白長同盟バナー猫中動
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧