猫も杓子もアメリカ生活

カテゴリ:主婦の毎日( 18 )

お友達の家で台湾ランチ・・・の巻。

近所に住む台湾人のお友達が、お宅でのランチに誘ってくれました。

今週は英語をびっちり勉強しようと決意していたのにもかかわらず
おいしい台湾ランチのお誘いにあっさり負け、「OK!」と即答してしまいました。
彼女は日本語ペラペラなので、英語を話す必用もなく気楽なのです。
(英語漬けの決意は何処へ行ったんだ。)

もう一人、日本人のお友達も一緒なので、油断していたのですが
実は急遽もう一人アメリカ在住20年の台湾の方が来られました。
なので、さらにおもしろかったんですよ。

通常は全部日本語のやりとりなんですが、
今日はもう一人の台湾の方が日本語がわからないので、今日は全て英語。
で、時々日本語が混ざりながらも、英語でやりとりし、
結構なんとなく通じて、楽しく盛り上がるんですよね。
もう一人の日本人の奥さんは「私は英語はしゃべれない。しゃべれない。」と言いながら
それこそ日本語を混ぜながら、すごくコミュニケーション上手なんです。

でも時々、「あれ、これ英語でなんて言うの?」と、急に私に振るので
油断していた私は、えーと、こうじゃない?あーじゃない?と、遠回りしながらいろんな表現でトライ。
そのうち、キッチンで料理している日本語のわかる台湾Nちゃんが
遠くから中国語で「※○×☆△◇#~◎♪・・・・」・・・と助け船。
で、再び英語になり、また日本語になったり、中国語でフォローが入ったり
漢字で筆談したり、また英語になったり・・・。
そのうち何語で話しているか忘れてしまうのです。
でもすごく楽しかったんですよ。

そんなやりとりのおかげで新しい英単語も知ることが出来たし、
おうちで一人TOEIC向けの勉強を、眉間にしわを寄せながら、肩こりながらやるよりも
ずっとよっかったみたい。

食い意地はって、遊びに行ったのがかえってよかった。
もちろん、Nちゃんのお料理もおいしかった。ごちそうさまでした!

私もデザートにと、昨日から煮ていたぜんざいを持って行ったので、
台湾のおいしいお茶も一緒にご馳走になり、満腹、満腹。

やっぱり語学は、五感も一緒に使いながら会得するのがいいんだろうなあ。


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
よろしければ上のバナー(海外駐在妻・北米旅行)をワンクリックで1票お願いいたします。
(ブログ村ランキング参加中なのです。)
クリックするとその先に、他の人気ブログがみられます。
[PR]
by yumi_nyago | 2009-03-11 15:36 | 主婦の毎日

浄水器・・・の巻。

この辺の水道の水って、そのまま飲んでも大丈夫らしいし、そんなにまずくないんだけれど
一応蛇口に取り付けるタイプの浄水器をつけてます。

浄水器のフィルターは、交換時期になると、まず黄色いランプがついて
そのまま、更に放っておくと赤いランプがつき、さすがに交換しなくてはいけません。

ま、3ヶ月ぐらいですかね。次の交換まで。

で、最近黄色ランプがついていたんですけど、まいっか、まいっか・・・と数日放置していたら
とうとう、赤ランプがついてしまいました。

今回は、旅行がちで家を空けることが多かったせいか、
前に交換した日付が、なんと9月で5ヶ月も経ってました。

うかつだったことに、交換用のフィルターを買い置きしていなかったので
今日買いに出かけたんですよお。

さーて、売っているお店は、近いところだと何処かなあ・・・。

まずは電気屋さんのBESTBUY。

冷蔵庫用の浄水器はあるけれど蛇口用のは無し。
店員さんに聞いてみると、「う~ん、FredMeyer(スーパー)ならあるんじゃない?」

FredMeyerへ。

あった。・・・でも無い。 (どっちや?)
うちと同じ浄水器のユニットの見本はあるけれど、フィルターそのものが売ってない。
ちがう種類のは山ほど積んであるのに・・・。

店員さんに聞いてみた。
アメリカ人得意の「Fu~m。I don't know・・・。」
私も最近は負けるもんかと、怪しい英語なりに主張できるようになったので、
倉庫には無いのか、発注している人に聞いてくれないか、とねばると、
倉庫そのものがないし、入ってきた物はすぐ売り場に並べるし、
発注はコンピューターの管理で自動的に入ってくるから、いつ入ってくるとかわからない
・・・とのこと。
とはいえ、このしつこい日本人の女を前に、店のいろんな人に電話で聞いてくれた。
結果的には、要するに、無い。と。

その後私は、もしや・・・とおもう"TRAGET”や"BED & BATH BEYOND”へ。
もともとの購入した場所は、FRY'Sという電気屋さんなので、そこへ行くのが間違いないんだけど、
何しろウチからちょっと遠いので、出来れば近場で売っているところを見つけたかったのだ。

TARGET・・・売っている形跡無し。
BEYOND・・・同じメーカーの商品はあるけれど、残念ながらピッチャー型の浄水器。

むむむ・・・と難しい顔をしていると、店員さんが話しかけてきたので、蛇口用のは無いか聞いてみた。

「Let's see・・・」と言いながら、売り場の隅にあるPCで確認してくれた。

前はあったけど今は在庫がゼロだと。
しかも数ヶ月前にディスカウントの値段で売ったようだと。

・・・ということは、もう型遅れで、もはや売られていないと言うこと?・・・と聞くと
いい質問だねえ。と言いながら、PCで確認をしてくれたところ、どうやらそうかもしれないと。

で、ここからがアメリカらしいところ。
店員のおじさんいわく、

「もし他の店でも売っていないようなら、浄水器のユニットそのものを持って、もう一度いらっしゃい。
本当はこの店で買った物に限る話なんだけど、古い型のを返品して新しい型のを差額だけで買うといいよ。
ほら、たとえば、これ買ったんだけど友達がこっちの方が性能がいいよって言ってたから、私も是非それを使いたいんだって言って替えてもらうんだ。この店だと返品や取り替えはよくあるからね、きっと大丈夫だよ。
そしたら全く新しいのを買うより、半額ぐらいの出費でかえるだろ。
でもその時に何処で買ったとか言っちゃダメだよ。」

・・・と。

おいおい、店員さん。
店員さんがそんな入れ知恵してくれるのかい?
しかもその時のために、新しい型の番号をメモしてくれたし。

アメリカの店って、本当に返品や取り替えが気楽に行われていて
最初の頃は、ええええ?いいの?っておもうことが多かったんだけど
きっと店員さんにとっては、返品を受け付けた場合の損とか減耗よりも
その店の(あるいは店員さんの)、その日の売り上げ額が大事なんだろう。
返品取り替えの経費は別の経費というか予算なんだろうか。
詳しくはわからないから、確かではないけれど。

日本だとよっぽどじゃないと、返品に行かないし
ましてや何年も使った物を取り替えに行くなんてあり得ないんだけど
アメリカではありえる。

日本人のように、会社の利益について考えるという細やかな配慮はいらないんだろうか。
消費者にとっては助かるんですけどね。
ただ、返品された物をよく売り場にもう一度並べていることがあるから
買うときは注意ですけど。


結局、そうはいっても一応元々買った店に行って、(遠いけど)
目当てのフィルターをGETしました。
最初からそこへ行けばよかった。

でもこのフィルター購入のプロセスで、
FredといいBEYONDといい、なんだかアメリカの流通のいろんな事をかいま見たようだった。

疲れたけどおもしろかった。


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
よろしければ上のバナー(海外駐在妻・北米旅行)をワンクリックで1票お願いいたします。
(ブログ村ランキング参加中なのです。)
クリックするとその先に、他の人気ブログがみられます。
[PR]
by yumi_nyago | 2009-03-08 00:39 | 主婦の毎日

あるもので・・・の巻。

もうすぐ日本に一時帰国するにあたり、またもやキッチンの大掃除。

いつも旅行に行くときは冷蔵庫のものを全て食べてしまうべく
数日前から、日々創作料理の連続です。
創作料理というと聞こえはいいのですが、要するにあるもの処分料理。

先週買い物に行って、それから行ってないので、
ずいぶん冷蔵庫の中が寂しくなってきましたが、ここで買い物に行ってしまうと
出発前日あたりに、また大変なのでここは我慢と工夫。

しかしうちの旦那さん、あまりにもベーシックなものから離れた創作料理は
怖がって食べたがらないので、
「これは何の代わりに何を使った何よ。」と、
軽い説明と見た目で安心できるものを作らなければならないのだ。

そのためにはギリギリまで計算尽くで食材を確保しなければならないという
唯一、ぼけぼけ主婦の頭の使いどころ。

前回フロリダ旅行に行ったときは、何を血迷ってか
3日前にスーパーマーケットに行って、大袋入りのタマネギとキュウリを買ってきてしまって
3日間タマネギづくしのメニューでも、食べきれるはずもなく、
タマネギは全部スライスをして冷凍したり、
キュウリもスライスして酢の物にした状態で冷凍したり(ためしてガッテンでやってた。)
苦肉の策でした。
いつもなら、ご近所の方にお裾分けして、手伝ってもらうという手もあるんだけど
そんなときに限って、皆さん旅行とか一時帰国とかでいなかったり。
(意地でも食べ物を捨てるということはしないのだ。)

なので今回は、焦らないように、前日あたりに何も無くなって外食!ぐらいがちょうどいいかなと。

こんな微妙な食品の調整の時、活躍するのがやっぱり乾物!
乾燥わかめ、ひじき、干し椎茸、切り干し大根、こうや豆腐、各種乾麺類など。
これに多少の根菜類と冷凍した肉、魚類があれば、
10日間くらい買い物に行かなくても十分、それなりに、ひもじくもなく過ごせる。

しかもこれって、かなりヘルシーではないか。

日本に帰るまでにガッツリ痩せようと、数日前のブログで宣言したそばから
すき焼きパーティーやら、ワイン三昧やらでコロッとダイエット作戦を忘れ
                      ・・・・・・いえ、忘れたわけではなかったんですけど、
結局今だ何も変わらず、
急にたくさん痩せようと言うのも身体に悪いし・・・
幸い冬だし・・・
仕方ないか。

という悪魔のささやきが勝利している現在ですが
このミネラルいっぱいの乾物生活は、もしかして最後の一週間に幸福をもたらしてくれるのではと、ちょっと期待をしている今日この頃です。



にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
よろしければ上のバナー(海外駐在妻・北米旅行)をワンクリックで1票お願いいたします。
(ブログ村ランキング参加中なのです。)
クリックするとその先に、他の人気ブログがみられます。
[PR]
by yumi_nyago | 2009-02-04 07:47 | 主婦の毎日

スーパーで気づいたこと。

最近、学校も休暇中だし、行くところがスーパーマーケットしかないという寂しい私ですが、
最近、そのスーパーマーケットでふと気づいたことがあります。

その1.
マイバッグを持ってくる人がすごく増えたみたい。
ちなみに私はマイバッグと言ってますが、要するに自分の袋を持って行って
レジ袋いりませんっていうやつ。
(あ、わかってるよって?すみません。)

どこのスーパーマーケットでもそのお店独自のマイバッグがあるのですが
よそのスーパーのバッグでも気にせず、なかには何度か使ったくしゃくしゃの紙袋を持ってくる人も見かけます。
意外とみんなやるなあ!と感激してしまいます。
なんでって、あれだけ紙皿や紙コップを浪費して、家でやるパーティーとかでも
使い捨ての食器を使うような人たちが、少なからずエコロジーを気にしていたんだなあとわかって、なんかすごいすごい!みたいな。
単純に家のゴミが増えるのがいやなだけかもしれないけれど、
それでもいいじゃないですか。
しかも、空き瓶みたいにリサイクルにスーパーに持って行けば5セント返ってくるとかじゃなく、お店のマイバッグをもってったからって割引になるわけでもなくですよ。

割引どころか、いつも行く、スーパーマーケットではマイバッグを持って行くと
お店側が本来提供するレジ袋代として10セント分どこかに還元すると言うことで
「寄付する先をこの選択肢から選んでください」と言われます。
(たぶんそういう意味だったと思います。自信ないですが。)
自分にチャージすることもできるって言ってたけれど
ちょっとそうしてくださいとは言えないですよね。たった10セントだし。
1割とかだったら、間違いなく、自分に!と言いそうですけど。
この袋代分寄付って、すごくいいアイデアですよね。

私もいろんな大きさの、いろんなマイバッグをいつも車に積んでますが
一番気に入っているのが、日系スーパーマーケット宇和島屋の80周年記念バージョンの派手なヤツ。
100ドルお買い上げにつき1枚貰ったやつで、これが、どこのスーパーのレジのお姉さんにも「いいバッグね。」「いい色ね」と言われるので、おもしろいのでいつでもどこにも持って行きます。
そのたびに「日系のスーパーなんだ。」と無意味な自慢をしたりして。


気づいたこと、その2.
アメリカのスーパーマーケットのショッピングカートをはじめて見たときは
その大きさにびっくりしていましたが、
最近、小振りのカートを置くお店が増えてるんですよ。
さらに、それこそ、よく行くスーパーでは普通の買い物かごの深めのような形なんだけど
脇の取っ手を引っ張ると、すーっとのびて、カゴのそこにコロがついているので
引っ張って歩けるというのも出現しました。

前はスーパーによっては普通の買い物かごさえ無く、大きなショッピングカートに
にんじん1本入れてレジに行く・・・・ということもあり得たし、
それもなんなので、余計なものも買ってしまったり・・・みたいな事態でしたが
もうそんな心配はいらなくなってきたのです。

でも、そう。これが普通だったはずなんです。
もしかしたら小振りのカートも日本のスーパーのより大きいかもしれませんが
それでも、変わる第一歩です。

消費大国アメリカ、大きいことはいいことだと思っていたアメリカ、
そんな価値観も少しずつ変わっているんだなあと思ったスーパーマーケットの一面でした。


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
よろしければ上のバナー(海外駐在妻・北米旅行)をワンクリックで1票お願いいたします。
(ブログ村ランキング参加中なのです。)
クリックするとその先に、他の人気ブログがみられます。
[PR]
by yumi_nyago | 2009-01-25 08:12 | 主婦の毎日

今日は必死です。・・・の巻。

今日は・・・というか今週は必死の大掃除です。
毎日の雪で、外に行く気がしないので、ちょうどいいお掃除ウイークです。
10月末に作った大掃除計画は、予想通りスケジュールをおし、
今日をファイナルにしようと、ジャージを着て髪ふりみだしてます。
(このブログ更新で、ほっと一息。)

丈夫な私の手も、さずがに日々の乾燥と掃除の洗剤で、あかぎれです。
(ゴム手をつけると、なんかきれいに出来る気がしないので。)

まあ、それも今日で終わらせるのだ。

今日で終わり・・・。な~んでか!
それはねえ・・・。←↑ (堺すすむ『なんでかフラメンコ』より)

あしたーわーたーしは~、たびにでま~すぅ。(狩人、『あずさ2号』より。)
       ↑ この間の桜田淳子の『サンタモニカの風』に続き、名曲の懐メロ連続です。

(ちょっとくどいですか?)

ええ、明日から旅に出るのです。フロリダへ2週間ほど。

え?また?って?
そうなのです。大変です。

最近の世界同時不況の影響が、やはりウチの旦那の会社にもちょっとあるようで
いいのか、悪いのか、(不況は決してよくない)
通常の忙しいときには、かなりヒンシュクを買いそうな長期の休みを
今だと、とても取りやすいのです。
ふだん、旦那様が頑張って働いてくれるので、幸い有給休暇があまっているし。

で、結婚10周年だし、クリスマスだし、年末年始だし、
これは、思い切ってリゾートしようと言うことになったのです。
こんな、世間は暗いニュースばかりの中、なんなんですけど。

ええ。でもリゾートというと、なんかすごくいいご身分のようですが、
決してお金があまっている人の、のんびりバケーションという感じでは決してなく
かなり、身を削ってます。(ついでに身体の肉も削りたい。)

飛行機は貯まったマイルを使い、ホテルも最低限の値段のところを探し
それでいて貧乏くさい気分にならずにすむプラン、
で、せっかく行く、いえ、もう二度と行くことのないかもしれないフロリダを
すみずみ満喫するべくプランを
わたくし、1ヶ月ちかくかかって作りました。(えらそうにいってすみません。)
それでも、時期が時期だけに、クリスマスだし、ニューイヤーだし
フロリダは冬がハイシーズンだし、
結構高くついてしまうのが、かなり痛いところです。
帰ってきたら、しばらく塩とか味噌でご飯を食べるようかも。

なにもそこまでして・・・と思うかもしれませんが、
うちの旦那の名言、・・・・『経験という財産を殖やすんだよ。』 と。


あほです。私ら。

こんな情勢の中、こんな旅行ばっかりして、我が家も経済危機がきては困るし
将来、年をとったとき、年金ない、貯金ない、身よりない、の寂しい老後にならないように、
無駄な出費は避けたいところですが、なにしろ『後悔』という言葉もいやなので。

多少の無理をしても、見聞を広げようという結論になりました。
それが、『経験という財産を殖やすんだよ。』 なのです。
うっかり、いい言葉だなあと思ってしまった私。
いろいろ、ホテルとか予約とかしているウチに、
「ちょっとお、これは結構すごいことになるよ~!」 と、
いい言葉だと言ってる場合ではないと悟りました。

が、2週間も家にいるわけにもいかないので、
明日から、旅のリポートします。

予定は 
Orlando→St.Augustin→Tampa→Miami→KeyWest→Miami→Orlandoです。
また、たくさん運転する忙しい旅になりそうです。
せっかくのマイアミビーチでのんびりできるかなあ。


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ

いつも訪問とクリックありがとうございます。
すみません、ちょっと、ポチっとバナー(駐在妻・北米旅行)をクリックしていただけると
嬉しいです。(ブログ村ランキング参加中のため、1票になります。)
クリックの先には、他の人気ブログのランキングが見られます。
よろしくお願いします。








  
[PR]
by yumi_nyago | 2008-12-20 08:31 | 主婦の毎日

焦っていること・・・の巻。

12月半ばが近づいてくると、なんか焦る。

焦っていること、その1.・・・クリスマスカード。
日本で年賀状を出していた方々に、
こちらに来てからは年賀状ではなくて、クリスマスカードを送ることにしている。
2年前の12月、私の知り合いは、突然エアメールで、ド派手なクリスマスカードが届いて、さぞや驚かれたことでしょう。
すみません、これもなんか、そういう流れでそうなりました。
受け取った方々も、返事を出すべきかどうか迷ったことでしょう。
しかもエアメールなど、なんとなくめんどくさいでしょうに、
お返事を何件かいただいたときは感激いたしました。
そのせつは、ありがとうございました。(この場をお借りして)

で、今年ももうすぐクリスマス。
なんだかんだと、ちゃらちゃらしているウチに、気づいたらもう今日は12月9日。
エアメールを出して届くまで、5日から10日見るとして・・・
ま・まずい。遅くても今週末には出さなくては・・・。

カードだけは、かなり前から、張り切って買って準備していたので
それだけで満足し、気を抜いていました。
これからすぐ、取りかかります。


焦っていること、その2.・・大掃除。
ええ、私、以前ずいぶん前のブログに(確か10月25日)
大掃除計画を作った話をしたのですが、
案の定、計画倒れになりかけています。
10月のノルマはやったのですが、11月・・・・なんにもしませんでした。
あ、ガレージの片付けと掃除だけやったか。

なにしろ、今年は幸か不幸か、不況のあおりか
クリスマス休暇が取りやすく、再びちょっと旅に出るので、年末は忙しくなり
今しかないのだ、すべては。
今週と来週が勝負だ。

なので、これもまた、クリスマスカードができ次第、集中的に取りかからねば!

って、これを、ぶつぶつ、ながなが書いている暇があったら
さっさと、やれってかんじですね。

というわけで、こういうときに限って、学校の宿題もたくさんあるし、
今日はこの辺で。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
いつも訪問ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。


あああ、もう一つやることあった!
クリスマスの飾りつけ!(え?まだやってないのって?)

町のどこもかしこもクリスマス一色で、
ウチのご近所も、キラキラと凝ったデコレーションで家を飾っているのをみては
早くやらなくちゃと思うのだけど、なんか今年は気合いが入らない。
屋根に飾る電飾と、それを取り付けるクリップは用意してあるのだけど・・・。
なんか、毎日雨だと、ついつい、こんどでいいか・・・と。
でもご近所はいつの間にかすごいことになっている。

うん。これも明日だ。
[PR]
by yumi_nyago | 2008-12-10 09:50 | 主婦の毎日

アメリカの洗濯機、そしてよくやる失敗。・・・の巻。

アメリカという国は、ものすごく科学技術が発展してると思えば
意外と、家電がけっこう原始的だったりする。
あ、高いお金を出せばいいものがあるのかもしれないけれど、
普通の、標準的なというか、貸家にすでに設置されているような家電についてですが・・・。

たとえば日本では当たり前の、ピッピッピッとボタンを押したり
タッチパネルで細かい設定するとかではなく、
よく言えばシンプル、悪くいえばおおざっぱな家電。

あと単純な割には、すごく重かったり、すごくうるさかったり、
その代表選手は、掃除機、洗濯機、冷蔵庫、食洗機など。

今日はその中の洗濯機について。

これ、お恥ずかしながらウチの洗濯室。
左が洗濯機、右が乾燥機、写っていないけど、そのまた右にタンクになった給湯器。
c0177671_3143290.jpg


で、今となっては親しみのわく、ジジジ・・・とまわすダイヤル式の設定方法。
洗濯機には、どうだ!と、いわんばかりに
7 Cycles 2 Speed Combinations と書いてあるが、あくまでもアナログ。
(たいして中身がないのに、すぐ、どうだ!と自慢げになる私としては、親しみを感じる。)

これは、日本の洗濯機のように、センサーで自動的に重さをはかり、
適切なサイクルを判断し、適切な水の量を入れてくれる全自動洗濯機とは、かなり違う。
今は、もっと進んでいるんだろうなあ。
いかに水を節約し、生地を傷めず、音も静かに、そしてどんな人にも使いやすい。
これが日本の洗濯機ですもんね。

まあ、このアメリカのシンプルな(?)洗濯機も、ある意味かわいいやつで、
私の主婦業の相棒のひとつ。アナログな私にはちょうどいいのかもしれない。

洗濯物の量と温度設定ダイヤル。
c0177671_3184654.jpg

量は、少ない、中くらい、大きい、すごく大きい。(見た目なので判断には個人差が生じる)
温度は 洗いHot/すすぎCold , Warm/Cold , Cold/Cold , Warm/Cold
の4種類選べる。

洗う時間と、洗う強さの設定ダイヤル。
まわして合わせて、ダイヤルそのものを引っ張るとON。
c0177671_3193510.jpg

強さ(?)はNormal, Casual, Gentle の3種。
しかし、いまだにノーマルとカジュアルのどちらが強いのか、
はたまたこれは、洗う強さを表しているのではないのか、それがわからないでいる。
でも、ノーマルのなかに、SuperWash18分, Heavy14分というのがあるから
ノーマルが強いのかなあ・・・。

あと、 柔軟剤って皆さんどうしてるんだろう。
日本の洗濯機だと、柔軟剤や、漂白剤を入れるポケットみたいのがあって
いいタイミングで自動的に入りますよね。
アメリカでも、ホテルにあったコインランドリーにはそういうのあったんですけど
ウチの洗濯機にはないんですよお。

しかも、洗濯機はずっと自動的に回っているし、
すすぎの時もずっと何かが行われていて、
ふたを開けて柔軟剤を入れるタイミングに出くわさないわけです。
かといって、ずっと、見張ってて、「今だ!」ってわけにもいかないですし。

なので、しかたないので、一通り自動運転が終わるのを待ち、
そのあと、もう一度すすぎにダイヤルを合わせ、水が入ると同時に柔軟剤を入れる、と。
すすぎ自体も、ちゃんとすすげているのか怪しいので、これが一石二鳥ではあるのです。
ただ一応、すすぎも何回かやっているようなので、
柔軟剤の成分も結構すすがれて、無くなっているような気がしなくもないのですけど。

アメリカの皆さんは基本的に乾燥機を使うから
乾燥機に洗濯物と一緒にシート状になった柔軟剤を入れるからいいのだろうか?

でもそしたら、なんで液体式の柔軟剤があんなに売っているんだ?
もしかしたら、普通は柔軟剤を入れられるようになっているのか?(ウチのが古いのか?)

そんなことを考えつつ、あれよあれよと2年以上過ぎてしまったわけです。
アメリカにお住まいのどなたか、解決策がありましたら教えてください。

あ、あともう一つ特徴的なのが、洗濯槽の中にある、スクリュー。
c0177671_4132057.jpg

昔、日本にもありましたよね、『からまんぼう』。
確かに布がらみしなくていいし、汚れも落ちる。
ただ、ちょっと難点は、毛玉が・・・。
日本でずっと毛玉にならなかったものが、こちらで洗うようになってから毛玉ができてしまったものが色々あります。むむむ・・・。


ちなみに乾燥機のダイヤル。これもやはりアナログ感いっぱい。
ジジジ・・・とまわして、ボタンをガシャン。(ピッでもポンでもない。)
c0177671_3195677.jpg

オートマティックの高温か低温か、Very DryかLess Dryか。
それとも時間で設定するか。

まあ、いずれにしてもシンプルでわかりやすいといえば、わかりやすいし、
十分事が足りるといえば足りているので、あまり不満ばかり言うのもなんですが。
ただ、おもしろいなあと思って。

それと、タイトルに書いたよく失敗すること。
これは、洗濯機の機能とはなんら関係のないことなのですが
私、よく忘れるんです。洗濯していたこと。

ウチの洗濯機、かなりうるさいので、洗濯が終わったらシーンと静かになり
終わると、すぐ気がつくものなんですけど、
なーんでか、何かに集中しているのか、ただ、ぼーっとしているのか、
出かけてしまったからか・・・・洗濯していたことそのものを忘れ、
うっかりすると、こ一日、もしくはもっと、洗濯機の中で脱水されたまま、
置き去りにされる洗濯物達。

なぜ今日洗濯機の話なのかというと、
今朝もまた、同じようなショッキングな発見で、朝から洗い直し事件だったからです。

旦那が朝、「洗濯機、腐ってるよ。」・・・と意味不明な事をいう。
「何言ってんだ?このひと。・・・・・ん?
               ・・・・・・ああ~っ!、洗濯機の中、腐ってた?忘れてたあ!」

(ウチの旦那はよく、実際腐ってないものも、状態がよくないことについて『腐ってる』と表現する。なので本当に変質しているわけでも、異臭を放っているわけでもないので誤解の無いように。)

そうでした。洗濯機まわして、もうすべて終わった気がしていた。
ああああ。
腐っているのは、洗濯機でもなく、置き忘れられた洗濯物でもなく
私の頭でした。
ガンバレ私!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
[PR]
by yumi_nyago | 2008-12-09 05:14 | 主婦の毎日

そろそろ始めるかあ。・・・・の巻。

年末に向けてそろそろ大掃除計画を作らねば・・・とおもい、
やるところをリストアップしてみた。

え?今からですか?って?

はい。今からしないと私は間に合いません。
だからといって私はすごい几帳面な人ではありません。
むしろ、去年はそれらしいことをした記憶がないので、今年こそは!と決意をしたのです。
今からやったら、また汚れるんじゃないかっていう問題もありますが。
そこは、やる順番を考えて・・・。

で、リストアップを細かくしてみると、あるある。やることが。
いえ、今気づいたのではなく、うすうす気づいてはいました。(見て見ぬふりを・・・。)
いつもきちんとしていれば、そんなに大変では無いのでしょうけれど。
せめて今、思い立ってよかった。
年末にやろうとおもっても、きっと「まあ、適当でいっか。」
と思う自信がある。

計画表を作っていて気がついたのは(計画だけで終わらなければいいが)
今から年末まで少しずつやるとして、学校のある日は絶対にやる自信はないし
サンクスギビングのホリデーとか、いろいろな予定を外すと
掃除に打ち込める日が限られて来るではないか・・・。
うわっ、ほんと今計画してぎりぎりだ。
A型なので、やるならちゃんとやりたいのだ。

そういえばなぜ去年の年末は大掃除をやった記憶もないほど
普通にすごして年越しをしてしまったのだろう。

日本にいるときより、一年の厄をおとして新年を迎えるという気合いが少なく
クリスマスホリデーが終わったとたん、気が抜けてしまったような。
アメリカ社会全体がクリスマスにエネルギーを使い果たし、新年の休みは一日だけで
せいぜいカウントダウンとシャンパンで楽しむというぐらいだ。

考えてみると日本人の主婦って、えらい。
いえ、私がではなく、一般的にですが。

日本にいる主婦ってきっとアメリカ人の主婦より、やることがいっぱいある。

年末だけでも大掃除、おせち作り、など結構忙しい。
仕事を持っていたって、家のこともやらねばならない。
とっても奥さんおもいなやさしい旦那さんがいれば、家事を分担もするのでしょうけれど。
アメリカ人はどうやら普通に家事を分担しているようだ。

通常の生活もそうだ。
たとえば洗濯。
日本人は洗った後、パンパンとしわをのばし、物干しに干す。
アメリカではふつう、乾燥機に入れるだけ。

衣類の管理も、衣替えとかしないし。たぶん。
押入とか無いので、すべてクローゼットに入れてしまうし、
街ゆく人を見ると、暑い夏でもフリースを着ている人がいるし
寒い冬でも、どういう体温なのか半袖に短パン、裸足の人がよくいる。
日本にいるときは、「こんな時季外れの服を着ていたら笑われるかなあ」
とか気にしてましたが、こちらは他人の服装で外の温度を推し量ることは不可能なほど
年から年中、いろいろな人がいます。
(あ、これは主婦の仕事の話とは関係ありませんが。)

アメリカの場合、食器洗いも食洗機をガーッとまわすだけだし、
お料理だって、聞くところによると料理そのものをしない人は結構いるようだ。
いろいろなお料理番組やお料理雑誌があるということは、ちゃんとお料理を楽しむ人ももちろんいると思うけれど。
日本人の奥さん達は、和食、イタリアン、中華、フレンチ、韓国料理、
そして時には地中海風とか、いろいろなジャンルを普通にやるひとがかなり多い。
こんな私でさえ、学校にお弁当(卵焼きとか唐揚げとか、煮物とかふつうのもの)を持って行くと、お世辞かもしれないが
「自分で作ったの?すごいね」と言われることもある。
びっくりだ。うん。とりあえず言ってくれているだけに違いない。
でも、旦那のお弁当を毎朝作るというのは、結構みんなほめてくれる。
日本の主婦はそんな人たくさんいるのに、そう言われるとつい調子に乗ってしまう。

ご飯支度とある程度の掃除・洗濯以外は、そんなにたいしてやることもないので、
こちらに来てから怠け主婦に拍車がかかり、日本に帰ってからが心配だ。

ゴミの分別とかちゃんと出来るだろうか。
去年、北海道の実家に一時帰国したときも
「誰ー?ここにこれ捨てたの!」と、甥っ子にゴミの分別の仕方指導された。
あ、こちらもある程度リサイクルの仕組みはありますが(新聞、ビン・カン、段ボールなど)
それもそれほどキビシイ義務ではなく
なんでもぜーんぶ、一緒に何でも捨ててしまっても、だんだん罪悪感が無くなってくる。
そんな自分がすごく怖い。
うちはアパートなので、アパート管理のゴミ置き場には大きなコンテナがあり
なんでもかんでも、割れた食器だって、こわれたビデオデッキだって、家具類だって、
生ゴミだって、プラスチックだって、お構いなしに捨ててある。

おそらく一軒家のゴミはそうはいかないのかもしれないが。
この辺ではどうやら、ゴミ回収は有料で、きまった日にきまった容器のゴミ箱を数種類、
家の前に置いておく日がある。
すると、巨大なゴミ収集車がやってきて、一軒一軒中身を回収していく。
これがすごいのだ。
ある日私は目撃してしまった。
ゴミの集収車から、アームが伸びてきて、うまいことゴミ箱を持ち上げたかと思うと
くるりっとゴミ箱を逆さにして、収集車の中にゴミを捨て、元通りに空きコンテナをおいて
次のお宅の前へ。
ゴミ収集のおじさんは日本の様に、えいこらさっと自らの手で回収するのではなく
スイッチを押して見てるだけ。

これはいい。

ゴミもたぶんキッチンにディスポーサーがあるおかげで生ゴミは少なく
ゴミ置き場もゴミ収集車も臭くない。

あれ、なんだか話がそれてしまった。

そう、なにしろアメリカは地味な努力や細やかな作業をを忘れてしまう空気がある。
自分が怠け者なのを、アメリカのせいにするな!と言われそうですが。
ある意味、本来の私が爆発です。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
[PR]
by yumi_nyago | 2008-10-25 07:10 | 主婦の毎日



アメリカ駐在会社員の妻が日々格闘する、はちゃめちゃライフ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログパーツ
同盟バナーご協力を白長同盟バナー猫中動
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧