猫も杓子もアメリカ生活

帰国大作戦、その1・・・の巻。

急遽、8月には帰国と聞いて、え~!と文句言いつつも
さて、何からするべきか・・・と考えると、考えるべきこと、チェックすることがたくさんあるので
ノート1冊、引っ越し大作戦専用ノートを作りました。
っで、インディックスシールを貼り、項目ごとに整理する・・・と。

項目は
・各種手続き一覧
・スケジュール・・・・・(今から引っ越して落ち着くまでの)
・第1船便にのせるもの
・第2船便にのせるもの
・航空便で送るもの
・手荷物で持って帰るもの
・すてるもの、誰かにさし上げるものなど
・掃除チェック表
・調べておくこと・・・(帰国後買う車や家電について、日本に着いてから泊まるホテルなど)
・社宅の間取り図・・・・・・・・・・・・(これを見ておくと、持って帰るものを選別しやすい)
・帰国後の手続きおよび手配すること一覧

など。

で、最初に、やらなければ行けないことを、ざっくりリストアップした。
・アパートの管理人に言う。手続きの開始
・帰国後の社宅の確定
・出国日の決定(航空券の手配)
・引っ越しやさんに連絡
・日本の荷物を入れているトランクルームについて連絡
・電気・ガス・水道・電話・Dish・新聞・年間購読の雑誌などの解約
・郵便物の転送の手続き
・保険・銀行・税金・各種カード等の解約手続きや住所変更
・今乗っている車の処分
・ホテルの予約(アメリカ・日本)
・挨拶状
・領事館へ在留届け・在外選挙届けの抹消
・植物の行き先配分
・掃除
・日本で車をすぐ買えるように、車種などについて調べておく
・エアコンや冷蔵庫など買わなければならない電気製品について今時の機能など調べる


などなど、大まかにはそんなとこかな。

まずは、いつ出国するかを決める。
お盆が重なるので、なにかと混むし、不都合が多くなると思うので、荷物が着くのが遅れるとかを考慮に入れる。

でも、あとから多少後から変更もきくので、まずはアパートの管理人に通知するのと
引っ越し屋さんに見積もりに来てもらうことから始めた。

何処の引っ越し屋さんにお願いするか・・・
日本からアメリカに来たときはKusuhara Transportation Japan International Moversというところにお願いして、すごくよかったです。
担当の女性の方がテキパキと丁寧に話を進め、梱包も全部、丁寧に手際よくやってくださり、帰る時もぜひお願いしようと思っていたのですが・・・。
もう、あの担当の方がいらっしゃらないのと、アメリカサイドの支店が荷物を運んでくれたとき、感じがちょっと残念だったので、もういいか・・・と。

で、頭に浮かんだのが
こちらに来てからずっとコマーシャルでやってるやつ
「楽しかったアメリカの思い出を大切に詰めて・・・日本に・・・帰ります。」
(あれ?ちょっとちがったっけ?)
とか、
「ええ?!帰任?え?2週間後?ちょっと待ってくださいよお」と、ビジネスマンが電話片手に怒ってるコマーシャル。
どっちのコマーシャルだったか忘れたけれど「日通にお任せください」と
「クロネコヤマトの引っ越しらくらくパック」が、アメリカに来たときからサブリミナル効果のようにすり込まれてきたような。
すみません、テレビジャパンを見ている人しかわからないですね。

で、日通さんにお願いしました。
私たちの前に帰った方も、よかったとおっしゃっていたので。


で、先週の水曜日に見積もりに来ていただいたとき
これからの流れと注意点、必用な書類についてなど、一通り説明いただき
一通り家の中を見ていただきました。
で、これは第一船便、これは第2で・・・これは航空便で・・・とお伝えし、
梱包する材料を段ボール大中小、割れ物を包む薄紙、テープなどを置いていってくれました。
c0177671_81779.jpg

私は自分が荷物の量を描きやすくするために、見積もりに来られる前に
あらかじめ便ごとに荷物をできるだけ同じところにまとめておきました。
なので、見積もりの時の簡単にすみましたよ。
これは、われながらグッジョブだった。

あ、こんな引っ越しガイドをいただきました。
c0177671_8123712.jpg

ここに詳しい事が書いてあるので、よくわかりました。
各種書類
c0177671_815778.jpg


引っ越しそのものの流れは
見積もり→仕分け→梱包→引き渡し→輸送→通関→自宅への配送→確認

これが、船便が1ヶ月以上かかるので、まずは早く送らなきゃと今週の月曜日に出しました。
で、最後にアパートを引き払うときに、第2弾の船便と航空便を出し、会社の資産の家具も運び出してもらう・・・と。

で、第1便の荷物を詰めるときに、よーく考えたことは
キッチン用具や衣類、生活用品など、こちらで最後まで使うものは、日本でもすぐ使いたい・・・。
けれどそうはいかない・・・ので、1便と2便にうまく振り分けねばならぬのです。
航空便で送ればうまくいく事もありますが、輸送の日程と税関の日程、さらに私たちの場合お盆がはさまるので、どうしても自分たちの到着より、航空便でも1~2週間は遅れるようなのです。

今回自分なりの判断基準は
〈第1便〉
  これから1ヶ月間、使わないもので、絶対持って帰りたいもの
    (冬物など今着ないの服とか、不要不急のもの、インテリアの装飾品等)
  よく使うもの、すぐ使うもの
    ・キッチン用品(包丁やおたま、鍋類、食器など少しずつ一通り残して全部)
    ・タオル類、トイレットペーパー、生活用品なども同じようにすこしずつ残して
                                            あと全部
〈第2便〉
   最後まで使うもので、日本ですぐ使わなくていいもの。(食器、調理器具等)
   アメリカにいる間に使う遊び道具(キャンプ道具など)
   ワイン
   オーディオ機器やプリンター、シュレッダー、ヒーターなどの電気製品
           (この一部はもしかしたら人に譲るので一応最後までとっておく)
   
〈航空便〉
   最後まで使って、なるべくはやくほしいもの。
   ゴルフ道具、使い切れなかった乾物などの食材、タオル類や掃除用具の残り
   掛け時計、工具類、など。
      
梱包は、もちろんお願いすれば全部詰めていただくこともできるそうですが
さわられたくないものもありますし、私はほとんど自分で考えながら詰めて、リストも作りました。
(リストは破損したときの保険のため。)
食器とか花瓶とかお気に入りのものもあるので、しっかり薄紙でくるんで、なにかふかふかなものでプロテクトして壊れないように細心の注意を。
箱の全面にFRAGILEと書き、すっかりスペルを覚えました。

あと、本が小さい箱でも、びっしり詰めると恐ろしく重くなるので、半分ぐらい詰めてあとは毛布とかぬいぐるみとか、軽くてふかふかなものを一緒に詰めました。
だって・・・次の住まいは社宅のエレベーターなしの4階なんですもの。
運ぶ人が大変!

梱包で引っ越し屋さんにお願いしたのは家具を分解して梱包するのと、布団など大きいもの。

今回第一船便は家具も入れて73個口になりました。
これで、我が家の家財の2/3ぐらいかな。
多いのか、少ないのか・・・。
第1、第2合わせてどのぐらいの量という基準がそれぞれの家庭の人数によって決まっているそうですが、担当の方は、大丈夫でしょうとおっしゃっていたので、少ない方なのでは。

あ、そうそう、日本に持って帰れないもの、
常識的に当たり前のところ(銃・ドラッグ・ダイナマイト・偽札等)・・・ってか、もってないし。
あと特定の動物・・・これももってない。
それと単身赴任の男性に多いのがわいせつ物やポルノ系だって。
そんなもので引っかかって、税関から家や会社に電話が来るんですってよ。大変だね。
そんなの勘弁してほしいわ。

残念なのが米。持って帰れないのよ。
なにせ、ついこの間10kgの袋を開けたところですが、きっと食べきれない。
それと、せっかく種からかわいがって育てた植物たち。
短いつきあいでした。
ラベンダーちゃん・・・ポプリにして持って帰ればいいか!・・と思いましたが
これも検疫に引っかかって、場合によっては没収(虫がいるとか)、または荷物が留め置かれるなど
だから、できれば持って帰らない方がいい。
同様にドライフラワーや松ぼっくり、くるみ、麦わらも。
うっかりしそうなのが、クリスマスツリーやリースに着いている松ぼっくり。
はずした方がいいって言ってた。
まあ見つからなければ大丈夫なんだろうけど、たまたま発見されて面倒なことになるのもいやだし。

そういうわけで、いまはとりあえず荷物を出したところなので
最終の時までに、少しずつ残ったものを詰めたり、捨てたり
あと掃除したり・・・。
最後のアメリカの夏も楽しまなきゃだし。
そう、帰るまでに、ゴルフ、キャンプ、ワシントンDCへの旅行・・・とその計画もしなきゃだし
最後にいっぱいいろんなレストランも行っておかなきゃだし、
最後のあがきで、英語の詰め込みにESLも行かなきゃだし。
帰国後のために調べなきゃならないこともあるし。
恐ろしく充実した1ヶ月を過ごせそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
よろしければ上のバナー(海外駐在妻・北米旅行)をワンクリックで1票お願いいたします。
(ブログ村ランキング参加中なのです。)
クリックするとその先に、他の人気ブログがみられます。
[PR]
by yumi_nyago | 2009-07-16 15:08 | 帰国大作戦
<< 帰国大作戦その2、捨てるか持っ... 黄レンジャー友達と・・・の巻。 >>



アメリカ駐在会社員の妻が日々格闘する、はちゃめちゃライフ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
同盟バナーご協力を白長同盟バナー猫中動
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧