猫も杓子もアメリカ生活

浄水器・・・の巻。

この辺の水道の水って、そのまま飲んでも大丈夫らしいし、そんなにまずくないんだけれど
一応蛇口に取り付けるタイプの浄水器をつけてます。

浄水器のフィルターは、交換時期になると、まず黄色いランプがついて
そのまま、更に放っておくと赤いランプがつき、さすがに交換しなくてはいけません。

ま、3ヶ月ぐらいですかね。次の交換まで。

で、最近黄色ランプがついていたんですけど、まいっか、まいっか・・・と数日放置していたら
とうとう、赤ランプがついてしまいました。

今回は、旅行がちで家を空けることが多かったせいか、
前に交換した日付が、なんと9月で5ヶ月も経ってました。

うかつだったことに、交換用のフィルターを買い置きしていなかったので
今日買いに出かけたんですよお。

さーて、売っているお店は、近いところだと何処かなあ・・・。

まずは電気屋さんのBESTBUY。

冷蔵庫用の浄水器はあるけれど蛇口用のは無し。
店員さんに聞いてみると、「う~ん、FredMeyer(スーパー)ならあるんじゃない?」

FredMeyerへ。

あった。・・・でも無い。 (どっちや?)
うちと同じ浄水器のユニットの見本はあるけれど、フィルターそのものが売ってない。
ちがう種類のは山ほど積んであるのに・・・。

店員さんに聞いてみた。
アメリカ人得意の「Fu~m。I don't know・・・。」
私も最近は負けるもんかと、怪しい英語なりに主張できるようになったので、
倉庫には無いのか、発注している人に聞いてくれないか、とねばると、
倉庫そのものがないし、入ってきた物はすぐ売り場に並べるし、
発注はコンピューターの管理で自動的に入ってくるから、いつ入ってくるとかわからない
・・・とのこと。
とはいえ、このしつこい日本人の女を前に、店のいろんな人に電話で聞いてくれた。
結果的には、要するに、無い。と。

その後私は、もしや・・・とおもう"TRAGET”や"BED & BATH BEYOND”へ。
もともとの購入した場所は、FRY'Sという電気屋さんなので、そこへ行くのが間違いないんだけど、
何しろウチからちょっと遠いので、出来れば近場で売っているところを見つけたかったのだ。

TARGET・・・売っている形跡無し。
BEYOND・・・同じメーカーの商品はあるけれど、残念ながらピッチャー型の浄水器。

むむむ・・・と難しい顔をしていると、店員さんが話しかけてきたので、蛇口用のは無いか聞いてみた。

「Let's see・・・」と言いながら、売り場の隅にあるPCで確認してくれた。

前はあったけど今は在庫がゼロだと。
しかも数ヶ月前にディスカウントの値段で売ったようだと。

・・・ということは、もう型遅れで、もはや売られていないと言うこと?・・・と聞くと
いい質問だねえ。と言いながら、PCで確認をしてくれたところ、どうやらそうかもしれないと。

で、ここからがアメリカらしいところ。
店員のおじさんいわく、

「もし他の店でも売っていないようなら、浄水器のユニットそのものを持って、もう一度いらっしゃい。
本当はこの店で買った物に限る話なんだけど、古い型のを返品して新しい型のを差額だけで買うといいよ。
ほら、たとえば、これ買ったんだけど友達がこっちの方が性能がいいよって言ってたから、私も是非それを使いたいんだって言って替えてもらうんだ。この店だと返品や取り替えはよくあるからね、きっと大丈夫だよ。
そしたら全く新しいのを買うより、半額ぐらいの出費でかえるだろ。
でもその時に何処で買ったとか言っちゃダメだよ。」

・・・と。

おいおい、店員さん。
店員さんがそんな入れ知恵してくれるのかい?
しかもその時のために、新しい型の番号をメモしてくれたし。

アメリカの店って、本当に返品や取り替えが気楽に行われていて
最初の頃は、ええええ?いいの?っておもうことが多かったんだけど
きっと店員さんにとっては、返品を受け付けた場合の損とか減耗よりも
その店の(あるいは店員さんの)、その日の売り上げ額が大事なんだろう。
返品取り替えの経費は別の経費というか予算なんだろうか。
詳しくはわからないから、確かではないけれど。

日本だとよっぽどじゃないと、返品に行かないし
ましてや何年も使った物を取り替えに行くなんてあり得ないんだけど
アメリカではありえる。

日本人のように、会社の利益について考えるという細やかな配慮はいらないんだろうか。
消費者にとっては助かるんですけどね。
ただ、返品された物をよく売り場にもう一度並べていることがあるから
買うときは注意ですけど。


結局、そうはいっても一応元々買った店に行って、(遠いけど)
目当てのフィルターをGETしました。
最初からそこへ行けばよかった。

でもこのフィルター購入のプロセスで、
FredといいBEYONDといい、なんだかアメリカの流通のいろんな事をかいま見たようだった。

疲れたけどおもしろかった。


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
よろしければ上のバナー(海外駐在妻・北米旅行)をワンクリックで1票お願いいたします。
(ブログ村ランキング参加中なのです。)
クリックするとその先に、他の人気ブログがみられます。
[PR]
by yumi_nyago | 2009-03-08 00:39 | 主婦の毎日
<< そうだ、サマータイムだ・・・の巻。 歩こう。その2・・・の巻。 >>



アメリカ駐在会社員の妻が日々格闘する、はちゃめちゃライフ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
同盟バナーご協力を白長同盟バナー猫中動
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧