猫も杓子もアメリカ生活

アメリカの洗濯機、そしてよくやる失敗。・・・の巻。

アメリカという国は、ものすごく科学技術が発展してると思えば
意外と、家電がけっこう原始的だったりする。
あ、高いお金を出せばいいものがあるのかもしれないけれど、
普通の、標準的なというか、貸家にすでに設置されているような家電についてですが・・・。

たとえば日本では当たり前の、ピッピッピッとボタンを押したり
タッチパネルで細かい設定するとかではなく、
よく言えばシンプル、悪くいえばおおざっぱな家電。

あと単純な割には、すごく重かったり、すごくうるさかったり、
その代表選手は、掃除機、洗濯機、冷蔵庫、食洗機など。

今日はその中の洗濯機について。

これ、お恥ずかしながらウチの洗濯室。
左が洗濯機、右が乾燥機、写っていないけど、そのまた右にタンクになった給湯器。
c0177671_3143290.jpg


で、今となっては親しみのわく、ジジジ・・・とまわすダイヤル式の設定方法。
洗濯機には、どうだ!と、いわんばかりに
7 Cycles 2 Speed Combinations と書いてあるが、あくまでもアナログ。
(たいして中身がないのに、すぐ、どうだ!と自慢げになる私としては、親しみを感じる。)

これは、日本の洗濯機のように、センサーで自動的に重さをはかり、
適切なサイクルを判断し、適切な水の量を入れてくれる全自動洗濯機とは、かなり違う。
今は、もっと進んでいるんだろうなあ。
いかに水を節約し、生地を傷めず、音も静かに、そしてどんな人にも使いやすい。
これが日本の洗濯機ですもんね。

まあ、このアメリカのシンプルな(?)洗濯機も、ある意味かわいいやつで、
私の主婦業の相棒のひとつ。アナログな私にはちょうどいいのかもしれない。

洗濯物の量と温度設定ダイヤル。
c0177671_3184654.jpg

量は、少ない、中くらい、大きい、すごく大きい。(見た目なので判断には個人差が生じる)
温度は 洗いHot/すすぎCold , Warm/Cold , Cold/Cold , Warm/Cold
の4種類選べる。

洗う時間と、洗う強さの設定ダイヤル。
まわして合わせて、ダイヤルそのものを引っ張るとON。
c0177671_3193510.jpg

強さ(?)はNormal, Casual, Gentle の3種。
しかし、いまだにノーマルとカジュアルのどちらが強いのか、
はたまたこれは、洗う強さを表しているのではないのか、それがわからないでいる。
でも、ノーマルのなかに、SuperWash18分, Heavy14分というのがあるから
ノーマルが強いのかなあ・・・。

あと、 柔軟剤って皆さんどうしてるんだろう。
日本の洗濯機だと、柔軟剤や、漂白剤を入れるポケットみたいのがあって
いいタイミングで自動的に入りますよね。
アメリカでも、ホテルにあったコインランドリーにはそういうのあったんですけど
ウチの洗濯機にはないんですよお。

しかも、洗濯機はずっと自動的に回っているし、
すすぎの時もずっと何かが行われていて、
ふたを開けて柔軟剤を入れるタイミングに出くわさないわけです。
かといって、ずっと、見張ってて、「今だ!」ってわけにもいかないですし。

なので、しかたないので、一通り自動運転が終わるのを待ち、
そのあと、もう一度すすぎにダイヤルを合わせ、水が入ると同時に柔軟剤を入れる、と。
すすぎ自体も、ちゃんとすすげているのか怪しいので、これが一石二鳥ではあるのです。
ただ一応、すすぎも何回かやっているようなので、
柔軟剤の成分も結構すすがれて、無くなっているような気がしなくもないのですけど。

アメリカの皆さんは基本的に乾燥機を使うから
乾燥機に洗濯物と一緒にシート状になった柔軟剤を入れるからいいのだろうか?

でもそしたら、なんで液体式の柔軟剤があんなに売っているんだ?
もしかしたら、普通は柔軟剤を入れられるようになっているのか?(ウチのが古いのか?)

そんなことを考えつつ、あれよあれよと2年以上過ぎてしまったわけです。
アメリカにお住まいのどなたか、解決策がありましたら教えてください。

あ、あともう一つ特徴的なのが、洗濯槽の中にある、スクリュー。
c0177671_4132057.jpg

昔、日本にもありましたよね、『からまんぼう』。
確かに布がらみしなくていいし、汚れも落ちる。
ただ、ちょっと難点は、毛玉が・・・。
日本でずっと毛玉にならなかったものが、こちらで洗うようになってから毛玉ができてしまったものが色々あります。むむむ・・・。


ちなみに乾燥機のダイヤル。これもやはりアナログ感いっぱい。
ジジジ・・・とまわして、ボタンをガシャン。(ピッでもポンでもない。)
c0177671_3195677.jpg

オートマティックの高温か低温か、Very DryかLess Dryか。
それとも時間で設定するか。

まあ、いずれにしてもシンプルでわかりやすいといえば、わかりやすいし、
十分事が足りるといえば足りているので、あまり不満ばかり言うのもなんですが。
ただ、おもしろいなあと思って。

それと、タイトルに書いたよく失敗すること。
これは、洗濯機の機能とはなんら関係のないことなのですが
私、よく忘れるんです。洗濯していたこと。

ウチの洗濯機、かなりうるさいので、洗濯が終わったらシーンと静かになり
終わると、すぐ気がつくものなんですけど、
なーんでか、何かに集中しているのか、ただ、ぼーっとしているのか、
出かけてしまったからか・・・・洗濯していたことそのものを忘れ、
うっかりすると、こ一日、もしくはもっと、洗濯機の中で脱水されたまま、
置き去りにされる洗濯物達。

なぜ今日洗濯機の話なのかというと、
今朝もまた、同じようなショッキングな発見で、朝から洗い直し事件だったからです。

旦那が朝、「洗濯機、腐ってるよ。」・・・と意味不明な事をいう。
「何言ってんだ?このひと。・・・・・ん?
               ・・・・・・ああ~っ!、洗濯機の中、腐ってた?忘れてたあ!」

(ウチの旦那はよく、実際腐ってないものも、状態がよくないことについて『腐ってる』と表現する。なので本当に変質しているわけでも、異臭を放っているわけでもないので誤解の無いように。)

そうでした。洗濯機まわして、もうすべて終わった気がしていた。
ああああ。
腐っているのは、洗濯機でもなく、置き忘れられた洗濯物でもなく
私の頭でした。
ガンバレ私!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
[PR]
by yumi_nyago | 2008-12-09 05:14 | 主婦の毎日
<< 注意!カージャックの新しい手口... カジノの戦果・・・の巻。 >>



アメリカ駐在会社員の妻が日々格闘する、はちゃめちゃライフ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログパーツ
同盟バナーご協力を白長同盟バナー猫中動
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧